« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006/01/29

始まりました!「仮面ライダーカブト」

 「響鬼」が先週終わって、今週から「仮面ライダーカブト」が始まりました。今度は、 初めから主人公がバイクにまたがっているし、「変身!」と言って変身しますね。ただ、今週の変身はまだ本当の変身ではないみたいですね。 今週のは、「マスクドフォーム」という奴らしいです。来週からのが、本当のカブトの形みたいです。

 今週のを見ただけでは、今後の展開をまだ予想できませんが、また今回もずっと日曜朝8時に見るんでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/28

霧島って宮崎に近いんですね。

img086SN311585SN311588

 今日は、さわかみ投信のセミナーを聞きに鹿児島県霧島ロイヤルホテルへ行ってきました。 車の中でCDが聞けるようにiPodからCD-RWにコピーしました。 天気がすごく良くて大きな声で車の中で歌いながら走るのはなかなか気分は良かったです。

 八代インターからえびのJCTを経由して宮﨑道へ。二つ目の高原インターから降りました。霧島って鹿児島県ですが、 宮﨑の方から入っていくんですね。ホテルの講演を聴き終えて、帰り道を間違えて高原インターからでなく、 えびのインターから高速に入りました。山越えをしたんですが、途中わき道にはかなり雪が残っていました。丸尾の滝も見ました。 温泉の湯気が上がっているところも見ました。

 高速を降りて八代市内で夕食を取ったら、ぐったりしてしまいました。 あんなに気分良くドライブしていてぜんぜん疲れてないと思っていたのに、八代に帰ってきたらこんなになるなんて!まあ、 そこが50歳の体力なのでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/26

神はサイコロを振らない第2回!

 先週この番組「神はサイコロを振らない」を見た後、原作本を買いに行き、 今140ページほど読みました。原作は、1994年の事件としてあり、2004年の現代に戻ってきています。そして、 乗客の現代での命が3日になっていました。原作とドラマの登場人物はかなり変えてあります。 飛行機に搭乗していた人物はほぼそのままなんですが、主人公黛ヤス子は、原作の「黛司郎」のようです。副操縦士は、 木内哲也で主人公のモトカレという設定ですが、 原作では木内龍郎という名前で読んだ140ページまでには誰と仲が良かったのかとかはまだわかりません。

 ただ、今日の物語は、行方不明の飛行機が現代に戻ってきた翌日を描き、残りはあと8日というところで終わりました。どうも、 1話ごとに1日経過するような作りになっているみたいです。ジュリアナ東京とか話の中に懐かしさを感じるシーンがあったりして、 なかなか脚本もおもしろくしているな~って感じました。来週には全編原作本を読み終えるようにしたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/22

響鬼最終回!

 平成の「仮面ライダーアマゾン」と言われた「仮面ライダー響鬼」も今日で最終回を迎えました。先週、オロチを鎮める儀式をやっている最中で終わったので、今日はその後半をするのかというと、何とその事件から1年後のこと。オロチを鎮める儀式でも3人の鬼は誰も犠牲になったりしていないようだし、明日夢は、鬼の修行をあきらめ医師になるために勉強に励んでいます。京介は学校をやめて、ヒビキさんの弟子を続けて今日変身体を見せてくれました。
 元々変わった設定でどうやって攻撃するのか?と最初から違和感はあったし、途中から井上敏樹さんが脚本を担当されてからどんどんおもしろくなくなりましたね。ラストもつまらなかったです。
 平成ライダーシリーズは、スポンサーのバンダイとエイベックスの意向がかなり入っているようですね。主題歌は1年を通じて同じものにしないと困ります。主役のライダーは何パターンも変身させて、そのたびに新しいおもちゃを販売するというのが常でした。次回も同じになるのでしょうね。平成ライダーシリーズは、「アギト」「龍騎」がおもしろかったです。来週から「仮面ライダーカブト」になりますが、今度は原点回帰みたいな作品みたいですね。2年ぶりに「ライダーシステム」という言葉が出てきますし。また日曜日の朝8時に見るのは続けたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2006/01/21

無理がある作品ですね。「フライトプラン」

20051117004fl00004viewrsz150x

 ジョディ・フォスター主演の「フライトプラン」。 今日は先行上映でしたので見てきました。今週話題を独占したホリエモンのこの映画のジャパンプレミア(12日) での模様を動画で見ました。この中で、ホリエモンは、困難に直面する夢をよく見ると言っていましたが、 まさか今週こういうことになるとは、このときは夢にも思わなかったのではないですかね?

 さて、この映画「フライトプラン」。ホリエモンは「女ダイハード」だと言っていましたが、ジョディ・ フォスターが主役をすればこういう映画になるだろうとは予想ができました。彼女は、今回眉間にしわをよく作っていましたね。 予告編ではかなり面白そうでした。実際に見たところ、おもしろくないとは言わないけど、話的にはかなり無理があると思います。 犯人グループはそんなに大人数ではありません。乗客が誰もフォスターの娘を見ていないということは実際にはありえないだろうと推測します。

 フォスターは脚本が気に入って役を引き受けたと聞きましたが、そんなに魅力的な役だったのでしょうか? フォスターの魅力が増しているとは思えない作品でしたね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/01/20

見てみたいな!「クラッシュ」

img3
 ぜんぜんノーマークの映画「クラッシュ」。2006年2月11日よりシャンテシネ他にて全国順次公開だそうですが、ぜんぜん知りませんでした。そりゃ、そうだ。熊本での上映館は決まっていないもの。ミニシアター系なのかな?だとすると、「シネプレックス熊本」か「Denkikan」での上映になるのでしょうか?上映が他のところより遅くなると、新しくできるはませんのシネコンでかかる可能性もあるかな?はませんのシネコンも一度は行ってみたいですね。
 さて、この「クラッシュ」。自動車事故が元でいろいろな人のつながりができる物語みたいです。知っている俳優さんは、サンドラ・ブロックとマット・ディモンかな?ジャンル的には私の好きな「サスペンス」に当たるようです。この予告編にも「アカデミー賞最有力」と出ています。今頃上映開始の映画には皆「アカデミー賞最有力」と予告編にありますね。それほど、今年のアカデミー賞は予想がつかないくらい小粒な映画ばかりなのでしょうか?一体どれが作品賞を獲るのでしょうか?
 公式サイトでは何か不思議な曲がずっと流れています。熊本県内でレイトショー上映してくれるなら、見てみたいと思います。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/01/19

「神はサイコロを振らない」第1回

 「神はサイコロを振らない」って変わったタイトルですよね。アインシュタインの言葉だそうです。意味はドラマを見ればわかるような気がします。小林聡美主演のこのドラマ。「転校生」コンビの尾美としのりも出ています。第1回目だけ見るつもりで録画していたら、これって結構おもしろそうじゃないですか!
 1996年の夏は、私がAFPのビデオ講座に通っていた頃です。熊本工業高校が甲子園で準優勝をする年です。このとき消息を絶った飛行機が10年後の日本に再び現れる。まるで「黄泉がえり」の世界ですよね。ともさかりえと小林聡美が本当は同じ歳っていう設定はこういうことでないとありえないですよね。ともさえりえって口が曲がって見えますね。
 ドラマの中で「年金」も「ニート」の話も出てきます。10年前は話題にもならなかったですね。ヤッチは、38歳だから、年金いくらもらえるか?年金が65歳からしかもらえないというのは決まっているんですけど、はっきりいってちゃんと決まっていない世代ですよ。
 10年ぶりにあった同僚と恋人はあと9日しか生きられないそうです。今日のラストにそう出ていました。どんな展開になるのかな?興味ありますね。原作は、アマゾンで売っていますが、ダウンロード版もあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/15

スタンプラリー⑨どてかぼちゃ

9
 ここだけは、ぜんぜん場所がどこだかわからなかったので、知っている人に場所を教えてもらいました。旧鏡町改善センターの隣にある建物です。県道から消防署のところからちょっと入っていかないといけません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スタンプラリー⑥道の駅竜北

6
 第2・第4水曜日が定休日です。国道3号線沿いにあるため、すぐにわかります。たまたま行ったときに水曜・木曜と休んでいて困りました。木曜日は臨時休業したそうで、自動ドアを手動で開けてスタンプを自分で押してきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スタンプラリー⑤まちつくり酒屋

5a
5b
 これは先週の水曜日に熊本へ行くときに探し出しました。場所は旧宮原町役場前でした。登録文化財の建物でした。なかなか風流な建物です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

八代よかとこ発見スタンプラリー

stunp

 今、八代市内でこういうポスターを見たことありませんか?「新八代市誕生記念 八代よかとこ発見スタンプラリー」という催しが今行われています。八代市・八代郡の15箇所でスタンプをもらうという奴です。FM熊本のスタンプラリーは、熊本県内全域ですが、八代市郡ですから簡単かな?と思って車で回ってスタンプを集めてきました。正直たいへんでした。意外と自分は道を知らないこともわかりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/14

伊東四郎さんと角野卓造さんは本当に救いようのない役!「THE有頂天ホテル」

main_img

 土曜日の午後5時からFM熊本で放送している「 "http://www.avanti-web.com/">サタデー・ウェイティングバー・アバンティ」という番組でこの
THE有頂天ホテル」の話をたまたま聞きました。
大晦日の午後10時からの2時間の話というので、当初、時計は午後10時を指していたけど、どんなに編集しても2時間16分になったので、
時計をCGで午後9時50分にしたそうです。このシーンは、映画が始まってすぐに出てきました。


 あっそうそう、このホテルも「アバンティ」と言います。三谷幸喜脚本・監督作品で、豪華なメンバーが集まりました。役所広司・
松たか子・佐藤浩一・香取慎吾・オダギリジョー・唐沢寿明・西田敏行皆、他のドラマでは主役はっている人たちです。出てくる人たち、皆、
かなりの訳ありの人たちですね。公式サイトには、ブログのページがあったのですが、残念ながら、コメントもトラバもできません。
せっかくのブログなのにもったいないですよね。


 このブログ中の伊東四郎さんのコメントが一番笑いました。伊東四郎さんの役どころは、「能天気な総支配人」。一体、
この人はどんな実績を残してホテルの総支配人になったのか?監督から役を頼まれるときに、
伊東四郎さんと角野卓造さんは救いようのない役だと言われたそうですが、映画を見た私もそうだと思いましたね。


 午後4時の回で見たんですけど、劇場の半分以上座っていました。まあまあの入りではなかったでしょうか?
最近は邦画もおもしろくなりましたね。これから見る方、期待していいですよ。


にほんブログ村 映画ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/09

今日は成人の日とはいうものの.....

 今日が成人の日って知っていましたか?八代市ではいつも成人式は日曜日に行われており、昨日晴れ着姿の女性はたくさん見ました。 けど、今日は静かなものです。

 結局、3連休は、W-ZERO3を触り、読書三昧でした。映画は見に行きませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/02

同窓会

 本日午後5時よりホワイトパレスにて八代高校昭和49年卒の同窓会が行われました。皆、50歳。名簿を見ると、 うちのクラスは音信不通と書いてあるのが目立ちます。その割には我がクラスは13名も集まりました。 28歳のときに私がクラス幹事をしたけど、あのとき16名と他のクラスは30名くらい集めていたのにすごく少なくて悲しかったです。今は、 他のクラスもうちのクラスと同じくらいしか集まっていません。

 50歳になると、風体がかなり変わっている人もいます。男子も女子もです。A君は高校生のときよりやせていて、今何キロか? って聞いたら49キロしかないそうです。食べても太らない、以前椎間板ヘルニアをして入院したことがあると言っていました。 学生時代はスポーツをやっていたのに病気するんですね。私は以前も今もスポーツはほとんどしていないけど、酒もタバコもやりませんので、 ここまで入院することなくこれたんだろうと思いました。

 明後日、私は1泊で人間ドッグに入ります。今日、薬をもらいに病院へ行ってきました。病院は休みだけど、 事務の人たちは来ているんですね。明日は野菜食べてはいけない!とかいろいろ注意を受けました。 今日の同窓会では話ばかりでそんなに食べなかったけど、人間ドッグの2日前だったから良かったな~って思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「男たちの大和/YAMATO」

yamato
 「男たちの大和/YAMATO」は前2本より大きな劇場で見ました。予告編が始まってもどんどん入ってこられて最終的には100人くらいは入ったと思います。
 大和が沈んで60年目の4月7日に、鈴木京香が大和が沈んだ場所へ行きたいと仲代達矢(神尾役)に頼むわけですが、仲代達矢は、元大和の乗組員で、鈴木京香は神尾がお世話になった上官の娘という設定です。彼らの会話で60年前大和が沈むまでの話が語られます。
 脚本がいいですね。若き日の神尾の目を通して上官二人森脇・内田の友情が語られます。大和のセットは実物大。甲板にすごい数の人間が並んでいるシーンは海上自衛隊の人たちがエキストラ参加しているそうです。戦争はいけない!世界が平和でありますように。そう念じたくなるようなすごい映画でした。これは劇場で見たほうが良いと思います。
にほんブログ村 映画ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (3)

「ディック&ジェーン 復讐は最高!」

saikou

 「ディック& ジェーン 復讐は最高!」は、前の回の「ロード・オブ・ウォー」と全く同じ劇場・同じ席で見ました。こちらは、 12月24日封切なので、「ロード・オブ・ウォー」よりちょっとだけ多い入場者数でした。

 私はジム・キャリー主演作を映画館で見たのはこれが初めてです。この映画はコメディで、 アメリカコメディは日本人の笑いと違いますので、いつもビデオでしか見てなかったのですが、今回のはそこそこ笑えました。舞台は2000年。 ちょうどITバブルの頃です。倒産・リストラ・失業。エンロン事件とかを題材にしているのは見ててすぐにわかりました。 社員の持ち株は全部自社株。確定拠出年金も自社株で運用していたので、年金財産が会社の倒産ですっ飛んでしまいます。 社長は会社のお金4億ドルを持ち逃げしていて、彼から4億ドルを取り戻すために....というのが今回のストーリー。 最後はハッピーエンドなんですが、意外なラストだという印象は持ちました。

 劇場で見ても楽しいと思います。お暇な方はただ笑うというのもいいかな?

にほんブログ村 映画ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (2)

「ロード・オブ・ウォー」

war

 「ロード・オブ・ ウォー」は、10人くらいで見ました。「ロード」は、「road」ではなく、「lord」なんですね。武器商人の話なんですが、 最初のシーンはCGだらけみたいですね。ありえね~シーンばかりでした。

 ニコラス・ケイジVSイーサン・ホ-ク。飛行機をアフリカのどこかに不時着させて、イーサン・ホークが、 飛行機を取り調べに来るまでの間にアフリカ人に無料で銃をやってしまって、飛行機の荷物をカラにしてしまい、 挙句の果ては飛行機の各種部品まで持ち逃げされてしまうシーンはちょっとおかしかったです。こういう人物が早くいなくなって、 世界が平和になりますように。

 おもしろくないことはないですが、武器商人の話なので、あまり気持ちがいい作品ではなかったですね。

にほんブログ村 映画ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2年連続でお正月を映画館で過ごしました。

 昨年もお正月に映画を見に行きましたが、今年もまた1日午後から3本見てしまいました。午前中は、 両親と一緒に初参りをしたりしたんですが、午後からはフリー。さっそく、高速を飛ばしてダイヤモンドシティクレアへ向かいました。

 ここで今まで2回映画を見ましたが、今回はお正月なので駐車場が混んでいるだろうと思ったら、案の定。 地上の駐車場には停めさせてもらえずに屋上駐車場へ誘導されました。そこからエスカレーターで2階に降りてきたんですが、 今回は停めたところが悪かったようで、ワーナー・マイカル・シネマズ熊本クレアまでずいぶんと歩きました。 改めてダイヤモンドシティクレアは広いと実感しました。

  ワーナー・マイカル・ シネマズのスケジュールを見ながら、どの映画を見ようかとずいぶんと悩んだのですが、

 16:10-18:30 「ロード・オブ・ウォー

 19:15-21:05 「 ディック&ジェーン 復讐は最高!」

 21:45-00:30 「男たちの大和/YAMATO

の3本を見ました。「チキンリトル」の字幕版を見たかったのですが、ちょうど「ディック&ジェーン」と時間帯が重なっており、 今回断念しました。

 そして、屋上駐車場は、24時に閉鎖になるというので、「ディック&ジェーン」が終了してすぐに車の移動のために屋上駐車場へ行き、 車を地上駐車場へ移し替えました。 午後3時半頃にクレアに到着したときにはいっぱいだった駐車場が午後9時を回ると屋上駐車場はマバラでした。 地上駐車場はまだ9時台でもそこそこ入っていました。

 映画の感想はこのあと個別に書きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/01

初日の出!

SN311490
SN311491
SN311492
新年明けましておめでとうございます。今日は晴れないという天気予報でしたが、ちゃんと初日の出を見ることはできました。昨年は正月から映画を見に行きましたが、今年も午後から映画を見に行く予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »