« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006/03/30

「プロデューサーズ」試写会当たったよ!

Producers
 4月8日公開予定の「プロデューサーズ」の試写会が当たりました。4月4日TOHOシネマズはませんだそうです。最近は熊本市の試写会にはぜんぜん応募しなかったけど、TOHOシネマズはませんなら、駐車場代がいらないので応募してみました。
 「プロデューサーズ」は、以前映画化されたもののリメイクで、山下達郎も自分の番組で絶賛していましたね。楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/26

ザビーゼクターは、人を選ぶんだ!「仮面ライダーカブト第9話」

 以前惰性で見ていたと言った「仮面ライダーカブト」。いや~、面白くなってきました。 仮面ライダーザビーとして登場した矢車想がカブトを倒すことに執着するために、ザビーへ変身できなくなって、 代わりに加賀美がザビーに変身するとは!ひよりが見たベルトの少年は誰?謎が物語を引っ張るのは、大人の私としては嬉しいです。

 番組終わり頃のCMで1号ライダーベルトが出てきましたが、あれって3万円以上するんですよね。仮面ライダー35周年ですので、 1号ライダーを見た人も今は40代。子供と一緒にこの番組を見ているお父さんに自分へのご褒美として買ってもらおうと企画したんでしょうね。 にくいな~。バンダイさん!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

「サウンド・オブ・サンダー」ってありえないと思うけど....

320561view002

 タイムマシン物は今までも何回も映画化されたけど、「サウンド・オブ・サンダー」は、6500万年前に行く話です。 タイムサファリ社は、金持ちたちに6500万年前に行き、 火山の噴火のために死滅するはずの恐竜を寸前に銃で撃つというスリルを味わうのを商売にするのだそうです。 過去を変えないはずのものがあるとき手違いが起こってしまう。そして生態系を壊したために現代が変わって行きます。

 進化した変わった動物や植物が登場。トカゲヒヒコウモリラドンピラニア海蛇? いろんな人たちがこれらの怪物にやられていくのに、何故か主人公たちはほとんど無傷!まあ、これは映画では常道ですよね。 ハラハラドキドキはかなりしました。過去を修復すると、この悲劇を免れることができるというので、主人公が6500万年前に行き、 その過去を修復するのです。それまでの過程がおもしろかったですね。

 初日ですから、そこそこ入っていました。だけど、動員数では、4位か5位くらいではないですかね? 大人が見るのには面白い映画だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/03/24

『真救世主伝説 北斗の拳 ラオウ伝 殉愛の章』

img3

  この映画真救世主伝説 北斗の拳 ラオウ伝 殉愛の章は、3月11日からすでに公開されていますが、 私がいつも行っているシネコンではレイトショーがなかったので見逃していました。ところが、 今週レイトショーでやっているじゃありませんか!ラオウフィギュアもらいました。男だけ5人で見ました。 私以外はまだかなり若い人たちでした。

 私は、83年の「週刊少年ジャンプ」に「北斗の拳」 が連載されていたとき、書店で毎週これを立ち読みしていました。 テレビアニメ版のケンシロウ役の神谷明氏にも一度会って目の前でケンシロウをしてもらったこともあります。 劇場版では阿部寛が担当していて、これまた違和感なかったですね。レイナって劇場用の人物で北条司氏がデザインしたので、 シティハンターかキャッツアイの登場人物かと思っちゃいましたよ。この声も決まっていました。 ラオウ役の宇梶剛士の声が一人浮いているように私には思えました。他の配役は元々声優さんたちなので、 すごくよかったです。劇中に、テレビアニメ版の主題歌が流れます。嬉しかったですね。

 この映画は、5部作の一番目だそうです。原作のサイドストーリー的な話が続くのだそうです。 映画館で見る北斗の拳はやはりいいものですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/20

「ドラゴン怒りの鉄拳」の前編が「スピリット」ですね。

323983view001

 「あなたは格闘技で泣けますか?」って昨日見た「スピリット」の特集テレビ番組でありました。 昨日は、体調が良くなかったし、雨も降っていたので、本日のレイトショーで「スピリット」を見てきました。残念ながら泣けませんでしたが、 感動はしました。公開2日目でもそこそこ入っていました。「イーオン・フラックス」より多いと思います。

 昔は、彼は「リー・リンチェイ」と名乗っていたのに、アメリカ進出後では、「ジェット・リー」となりました。「ジェット・リー」は、 「ブルース・リー」を意識していると思います。この映画「スピリット」では、フォ・ユァンジャが主人公で「精武体操会」 というのが出てきます。この字を見てピン!と来ました。ブルース・リー主演の「精武門(ドラゴン怒りの鉄拳)」です。「スピリット」 の最期でフォ・ユァンジャは、毒を盛られて死んでしまいます。「ドラゴン怒りの鉄拳」では、ブルース・リーがそのフォ・ ユァンジャの弟子の役で、その敵討ちをする話です。つまり、「スピリット」は、「ドラゴン怒りの鉄拳」の前編みたいなのです。 ずいぶん前に見た「ドラゴン怒りの鉄拳」をもう一度見直そうかと思いました。

 

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2006/03/19

居眠りしてしまった!「シリアナ」

20060201008fl00008viewrsz150x

 すみません。たぶん居眠りしていたんだろうと思います。金曜日のレイトショーで見たんですが、 シネコンになって居眠りした映画はこれだけですね。「シリアナ」は、ジョージ・ クルーニーが本年度アカデミー賞助演男優賞を取った(何で助演男優賞なの?)ので、期待して行ったのですが、居眠りしてしまいました。

 劇場はなかなか音がいいところでした。予告編では劇場自体が揺れるような感覚に襲われました。それでも、 この映画のストーリーの難解さのために私を睡魔が襲ったのです。体調がすぐれなかったのは事実ですが、大好きな映画で居眠りしてしまうとは、 思いませんでした。全くの不覚でした。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/03/18

興味惹かれる「映画検定」!

リンク: 「映画検定」実施日程が決定!

 昨日、車の中のラジオでこの「映画検定」なるものを知りました。キネマ旬報社がやるから、書店で願書を配布するんですね。何で映画館で配布しないのか?疑問に思っていました。昨年劇場で43本、今年になって14本映画を見ている私は、かなり興味を持ちました。が、受験するためには福岡市まで行かないと行けません。映画検定3級くらいまでは自信はありますが、遊びの資格に福岡まで行くのはちょっと.....。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/12

ギャガまた赤字か?「イーオン・フラックス」

323915view001

 試験があったので、初日ではなく、今日見ました。シャリーズ・セロン主演の「イーオン・フラックス」。昨日オープンしたばかりのTOHOシネマズはませんで見ました。 金曜日に探したけど見つからなかった全国共通前売券。はませんのファミマで見つけました。ラッキー! 夢カードを使って1500円で見るつもりでいたので、200円安くなって嬉しかったです。映画館でも全国共通前売券を出したので、 ちょっと受付でも戸惑っていました。

 昨日オープンしたばかりなので、ドラエもんとかのび太やシズカちゃん、コナンがロビーに挨拶に来ました。 そのときはロビーもたくさん人がいたんですが、「イーオン・フラックス」の劇場には10人くらいしか入りませんでした。あれ?少ないな~! ロビーにイーオンの衣装が展示してあるのに、たったこれだけしか入らないの?宣伝もたくさんやっているはずなのに! ギャガの株も持っているので、少し心配になってしまいました。

 さて、映画はというと、主役のシャリーズ・セロンの魅力満載!すごい動きのアクション!ぜひ、アンジェリーナ・ ジョリーと戦ってほしいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/03/10

TOHOシネマズはません11日オープン!

060309_165001.jpg
060309_165002.jpg
 3月11日オープンのTOHOシネマズはませんに昨日寄ってみました。あれ?オープンは土曜日のはずなのにこのおばさんの人だかりは何?って思って受付の人に聞いたところ、「ALWAYS三丁目の夕日」の試写会があったそうです。今日は今日で「イーオン・フラックス」の試写会があったんですよね。ホールにイーオンの映画で着た衣装が飾ってあったので劇場の人に断ってから携帯で撮影しました。
 私は、この「イーオン・フラックス」を日曜日試験が終わった後、この劇場で見ようと思って劇場共通前売券を探しにコンビニへ行きましたが、ファミマ・セブンイレブン・ローソン3つともありませんでした。映画の前売券ってコンビニならどこにでも置いてあると思っていたのになかったので驚きました。
 TOHOシネマズはませんのオープンで新市街の映画館が数店閉館しました。この2・3年でスクリーン数は飛躍的に伸びたものの、映画人口がそのスクリーン数に比例して増えたわけではありませんので、1スクリーンあたりの動員数はかなり低くなりました。私が見た中では3人が一番少なかったけど、知り合いでは1人で見たなんて人が二人もいました。映画館で見るのは大画面というだけでなく、皆と一緒に泣いたり笑ったりできるのが好きなんですけどね。
 このTOHOシネマズはませんですが、上映作品は他の東宝系のとあまり変わり映えしません。お互いに特徴が薄い劇場が多くなっても、皆がバラバラになるだけですけどね。設備に関しては日曜日に行って映画を見てから感想を書きたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/08

シネラックス休館!

リンク: 映画館「シネラックス」休館

 シネラックスへ行ったのは、昨年4月。「インファナル・アフェア3」の試写会のときが最後だったです。今週にはTOHOシネマズはませんがオープンし、いよいよ新市街の映画館はきつくなるでしょうね。

 映画館が増えるのは嬉しいのですが、1スクリーンごとの入っている人の数があまりに少ないのがとても残念です。私は貸切状態で映画を見たいとは思っていません。それなら、自宅でビデオ鑑賞しているのと変わらないじゃないですか!私は大勢で一つのスクリーンを眺めて、驚くシーンでは皆で驚き、笑えるシーンでは皆で笑う!というのが私の理想的な映画の見方です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/05

今度の仮面ライダーは4人体制?「仮面ライダーカブト」

 惰性で毎週見ている「仮面ライダーカブト」。 いよいよ次週第7話から2人目のライダー「仮面ライダーザビー」 が登場します。ザビーはハチだそうです。この玩具が3月末に発売されます。5月にトンボ型ライダーの「ドレイク」 、6月にサソリ型の「サソード」 が登場するみたいです。今度のライダーはマスクドフォームとライダーフォームと2段変身をしていますから、 その後のライダー全員も2パターンずつ出るのかはよくわかりませんが、スポンサーのバンダイの意向がかなり入っているんでしょうね。

 小川敦史さんはたった二回のゲスト出演だったのですね。彼はアギト・ファイズと平成ライダーシリーズには3度目の出演です。 特にアギトのときは重要な役だったので、今回はもっと出てもらえると思って期待していたんですが。

 加賀美の父親役の本田博太郎さんが今日のラストで後姿だけ出ておられました。彼はゼクトの中枢にいるのではないですかね? こういう謎を残して物語が進むっていう展開が私は好きです。天道兄弟の話に出てくる「おばあちゃん」も画面に出てきて欲しいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本当に知らないな~「力道山」

pic1

 熊本県で唯一上映のワーナーマイカルシネマズ熊本クレアまで高速道路を飛ばして「力道山」 を見てきました。我が家から車で40分で行けます。今回から6回見れば次回は無料というのを始められました。クレアでは、 オープン以来昨日で6本目なのに、もっと早くそんなことやってくれないと!

  キャッチコピーは、「日本人がいちばん力道山を知らない。」 力道山が在日朝鮮人だったというのは映画の前に知っていましたが、大人になってからでした。映画「ALWAYS三丁目の夕日」 に描かれた街頭テレビのヒーローが力道山でした。私は街頭テレビは見たことなくて、 家の近所でテレビがあるところでその姿を見せてもらったものでした。映画では、力士時代は朝鮮人というので部屋の者にいじめられたこと。 朝鮮人ということで大関になれなかったこと。相撲を廃業後、プロレスに転向して渡米、1年ちょっとで日本プロレス協会を設立。 シャープ兄弟戦とか木村(映画の中では井村)戦、1963年12月15日に死亡するまでを描きます。

 主演は、「シルミド」のソル・ギョング。5ヶ月かけて30キロ近く体重を増やしてプロレスラーの体になったそうです。 韓国映画なのに、全編の97%は日本語。彼は吹替えてないので、外人が話す日本語という感じはしますが、それでも、 この役をやるためにかなりハードなことをしたな~って感心しました。戦時中の日本も、その後の日本の町並みもちゃんと描いてありますね。 「SAYURI」 とは大違いです。

 この映画のアドバイザーとして、百田光雄(力道山の次男)さんがパンフレットに載っておりました。 彼がこれに加わったときにはもう撮影に入っていたそうですが、映画の中の力道山像は彼の父親像のようです。彼のおかげで、 現役レスラーたちが映画に多数登場しています。昨年亡くなった橋本真也(東浪役)はこれが遺作になりました。ハロルド坂田役の武藤敬司は、 力道山をプロレス界へ導いた重要な役でした。

 ラストに「この映画は史実を基に制作してあるが、創作が加えられてある」と出てきました。どのへんが創作なのか、 ネットで検索してみました。力道山の妻の綾は、力道山の死ぬときまで妻ということになっていましたが、力道山の奥さんは田中敬子さん、 それも彼が死ぬ10ヶ月前に結婚したそうです。実子の百田光雄さんは、映画の中には現れていません。興行師の菅野も実在していないようです。 大木金太郎は出てくるものの、ジャンアント馬場もアントニオ猪木も出てこなかったのにはちょっと残念ですね。

 私の前に座ったおじさんは60歳を越えていたようです。あまり若い人は見に来ていなかったような気がします。 本当に力道山について知らないな~って感じた映画でした。上映館が少ないので動員数はそんなに多くないでしょうが、 皆に見てもらいたい1本ではあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/04

プロスナンが演じるとやはり007に見えてしまう!「ダイヤモンド・イン・パラダイス」

p144204

 「クラッシュ」に続いて見たのは、ピアーズ・プロスナン主演の「ダイヤモンド・イン・パラダイス」。 先週土曜日から封切なのに、全国動員ランキング10位。上映館が少ないので、今週はたぶんベストテン圏外になりそうですね。

 内容的にはおもしろかったですよ。この映画はジャンル的にはコメディです。タイトルバックの出方も007ぽかったです。 プロスナンが演じる泥棒はやはり007に見えてしまいますね。ハイテクツールがたくさん出てきますからね。間抜けなFBIさんは、 本当は間抜けではありませんでした。泥棒とFBIのばかし合いというところが見所です。気楽に見れるので、 頭をすっきりさせたい人にはお勧めかな?!今週ベストテン圏外になると、3週間で上映ストップになるかもしれません。見たい人は急げ~!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

内容が複雑な「クラッシュ」

img1

 3月1日に見に行ったのにまだ感想を書いていませんでした。「クラッシュ」は、東京では2月11日に公開されているんですが、 ミニシアター系なので熊本では2月25日に公開されたばかりです。劇場は100人くらいのところ。 水曜日は熊本市内ではレディースディなので女性が多いのかな?

 最初に、車の追突事故に巻き込まれた刑事二人。一人は黒人刑事。その刑事は、事故現場脇で偶然若者の死体捜査を目撃します。そして、 前夜、サンドラ・ブロックの車を黒人二人組が強奪します。それから、いろいろなことがからまってラストへ向かいます。いや~、 内容が複雑すぎて何が何だかよくわかりませんでした。以前、この映画のことを書いたときに、マットディモンが出ていると思ったのですが、 「マットディロン」という人みたいでした。全くの勘違い。サンドラ・ブロックはもう41歳なんですね。この映画ではなるほど歳相応に見え、 ヒステリーおばさんを好演していました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/02

1日に夕食抜きで映画を見ました!

 毎月1日は映画の日で1本1000円で映画が見れます。お正月はダイヤモンドシティクレアで3本見ましたが、昨日は、去年正月を過ごしたシネプレックス熊本で2本「クラッシュ」「ダイヤモンド・イン・パラダイス」を見てしまいました。
 上映スケジュールがすごいです。午後5時5分から午後7時5分まで「クラッシュ」、午後7時5分から午後8時55分まで「ダイヤモンド・イン・パラダイス」。2本立てではないですよ。一度劇場を出てまたチケットを買ってから入場しました。シネコンは、最初10分くらいは予告編を流すのでこういうことができるわけです。いや~、暗くなってから劇場に入ったのは初めてで、ちゃんと指定席に座れるのかとちょっと心配しましたが、予告編のときは完全に暗くはなっていなくて、小さな明かりがついていました。おかげで、劇場を出たら午後9時を回ってしまい、私は午後9時以降は食べ物を食べないようにしているので、夕食抜きになってしまいました。帰宅は午後10時くらい。お腹が減ったものの、がまんはできましたね。今朝はおかげで寝坊してしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »