« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007/03/29

まだ「オカン、ありがとうね」って言えません。

 私のオカンはまだ生きています。数年前に胃がんで胃の3分の1を切ってからご飯がすぐに通らなくなったと食べている途中で休憩したりしています。だけど、まだ生きていますので、映画「東京タワー~オカンとボクと、時々、オトン~」のように「オカン、ありがとうね」って言えません。だけど、いずれこういう日が来るんでしょうね。

 大学生になったときにグレープの「案山子」という歌が流行りました。「元気でいるか?街には慣れたか?友達できたか?寂しかないか?今度いつ帰る?」で始まるこの歌は、私の母が電話口でいつも言っていた言葉でした。主人公のボクと同じく私も一人っ子。私の方には父はいますが。どこの母親も子どもにかける気持ちは一緒ですよね。この本は誕生日プレゼントとしてねだられて初めて知りました。その人の分としては買ってプレゼントしたものの、自分は、本屋でそのまま立ち読みで読んでしまいました。何日間か分けて全部で4時間ほどかかりました。かなりグジョグジョになり、読んでいる本が汚れないか結構心配しました。そうやって読んだ本なので、4月14日公開の映画「京タワー~オカンとボクと、時々、オトン~」にも期待しています。オダギリ・ジョーは仮面ライダークウガだったので、よく知っています。原作者のリリーさんに一番似ていると思います。オカン役は樹木希林。若き日のオカンは樹木希林の実の娘の内田也哉子が演じています。すでに前売券はオークションでゲットしております。公開が待ち遠しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007/03/28

最期の植木等さんは、「舞妓Haaan!!!」を見よ!

 植木等さんが亡くなられました。昨年末の青島幸夫さんの通夜のときに酸素呼吸器を付けて来られていたので、こりゃ長くないな~っては思っていました。享年80歳。ご冥福をお祈りいたします。

 さて、植木等さんの最期の作品となった「舞妓Haaan!!!」ですが、公式サイトに植木等さんのお名前が「特別出演」となって載っております。どんな役どころなのか気になりますが、公開されてからしっかり確認したいと思います。この映画、予告編は見ておりおもしろそうです。主演の阿部サダヲさんは、先日見た「アンフェア the movie」にも出ておられましたが、今回はかわいいトッツァン坊や役です。

 植木等さんと言えば、クレージー・キャッツですが、私はクレージーの映画の一場面をしっかり覚えています。そのシーンとは、あるビアガーデンでクレージーの面々はアルバイトをしているようです。客が「ビール!」って言うので、ひたすらビールを出すんですが、そのうちにビールが底をついてしまいました。あるのは空き瓶だけです。その空き瓶を持って裏に彼らは行ってしまいます。そこで「ジョロジョロ」って音が鳴るんです。そして、客が「ビール!」って叫ぶので彼らはビールを運んでいくのです。何の映画かは忘れてしまいましたが、このシーンだけずっと覚えているんです。一体、どの映画のシーンだったのか?誰かわかる人いますか?

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007/03/26

東京タワーのロゴって違うんですね。

Tower02 先週、「東京タワー~オカンとボクと、時々、オトン~」のドラマが終わりました。

Ws000013約3ヶ月ずっと見ていたので終わってしまうとさびしいものです。 来月には今度はオダギリジョー主演で映画版「東京タワー~オカンとボクと、時々、オトン~」が公開されます。オダギリ君がリリーさんには一番似ている感じがしますね。ちょっと期待してしまいます。
 ところで、左上の文字は、映画版。その下のはフジテレビ版。ロゴが違っているの知っていましたか?ロゴに関してはテレビ版のがいいと思います。
 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

「見えるラジオ」ってまだあっていたんですね。

 今日は、午前中FMKのモニター会議に出席してきました。FMKの番組審議委員をやめて15年ぶりに会社を訪問しました。あの頃と概観はほとんど変わっていません。会議室も15年前と同じところに通されました。会議を終えてスタジオ見学をさせてもらいました。昔と違ってスタジオの中に入るにはスタッフの人が一人ひとり番号を入力してからでないと入ることができなくなっていました。驚いたのは、機械の一つに「見えるラジオ」って書いてあるものがあったことです。

 「見えるラジオ」は今から10年ほど前にラジオ端末を配ったりしたことがあります。私も応募したけどはずれました。その後、車買ったときに「見えるラジオ」が付いている物を購入しました。ただ、この「見えるラジオ」って東京FMからの番組で今かかっている曲はちゃんと表示されていましたが、熊本で製作した生番組では表示されませんでした。録音番組ではちゃんと表示されました。生番組では何がかかるのか難しいのですね。その車を5年前に手放したので私はもう見ることができなくなりましたが、その後は携帯インターネットで今かかっている曲を知ることができるようになっていたので、もう「見えるラジオ」はなくなってしまったものとばかり思っていました。端末も販売していませんし、番組でも「見えるラジオ」の話はぜんぜんしませんので、私がそう思っても不思議ではないですよね。ところが、まだ配信はやめていないということでした。まだ「見えるラジオ」で聞いている人って熊本で何人いるのかな?ちょっと興味を持ちました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/25

篠原涼子は映画初主演だそうです。「アンフェア the movie」

20070208009fl00009viewrsz150x

 くまもとフィルムコミッションを終えてからシネプレックス熊本へ行きました。23日・24日の「アンフェア the movie」は字幕版を上映すると聞いていたからです。ただ、雨が降っていたからか、光の森みたいに多くはなかったですね。劇場は広かったのに。

 私はテレビドラマの「アンフェア」はぜんぜん見ていません。「海猿」のときも見ていなくても良かったので、これも大丈夫だと思って見ました。大丈夫でした。字幕版のため、英語の台詞以外にも字幕が出ます。英語の台詞シーンでは「英語で話す斉木」とか出るのには驚き。篠原涼子って映画では初主演だったのですね。これも驚きでした。水に濡れたため白いブラウスに青い下着が見えます。車の爆破に娘が巻き込まれ、警察病院へ入院。その入院した病院をテロ集団が占拠。テロ集団は警察内部の裏金80億円を要求。病院内に娘が残っているので単身雪平は助けに行くというストーリー。テロ集団の正体は?警察内部の内通者は誰?面白かったです。ただ、ラスト近くで斉木がビルの屋上に花を持って現れるのは何故?あのシーンだけは意味がわかりませんでした。誰か教えてください。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

「映画革命HINAMI」の存在を知った!

 昨日は雨の中、熊本市へ「くまもとフィルムコミッション」の会合に行きました。予定表には「ロフト」としか書いていなかったので、熊本市立現代美術館内の「アートロフト」にたどり着くのにちょっと時間がかかりましたが、何とか予定時間までに入ることができました。

 会場に入ったら、A5くらいの紙に名前を書いてそれを持って顔写真を撮られました。こういう人々の笑顔の写真を3000人分集めるのだそうです。前の方にはかなり年配の人が数人いました。後の方にはフィルムコミッション関係者らしき人たちが座っていました。「くまもとフィルムコミッション」は熊本市青年会議所のメンバーが中心となって設立して、今は別組織として活動しているそうです。熊本に「映画革命HINAMI」というのが立ち上がり、それを応援しているそうです。この「映画革命HINAMI」が作った「みんなの日記」という映画を見せられました。映画は面白いとか面白くないとかで片付けられないものでした。撮影日数13日、予算200~300万円、出演者ほとんどノーギャラ、写っている人約300人。こういうことを映画が終わってから黒川裕一監督から聞きました。最初に顔写真を撮ってくれた人が監督さんだったのです。熊本生まれで、東大卒。「熊本が日本で一番映画のつくられているまちになる」のが目標。六秒塾にすごく興味は持ちました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/03/22

テレビ版「愛の流刑地」について!

 昨晩と本日2夜連続で日本テレビ系列で「愛の流刑地」が放送されました。放送時間が映画と違って2倍あるので、今回のは原作の順番どおりに話は進んでいきますね。原作と違うのは、冬香の子どもの数ですが、確か3人いたはず。吹越満が冬香の旦那さんでしたが、原作のイメージに近いのは映画版の方かな?後はテレビドラマ版の方が良いように感じました。あっそうそう、菊治の子どもは映画では女性(貫地谷しほり)、テレビでは男性(平岡祐太)になっています。確か原作は男性だったですよね。この二人の子ども役は、「スウィング・ガールズ」で共演していますね。

 映画でへんだと思ったカセットレコーダですが、テレビドラマではボイスレコーダになっていました。やはり、ボイスレコーダでなければ情事の声を全部録音なんかできないですよね。それと、映画もテレビも冬香の手のしぐさに偉くこだわっていましたね。前編はちょっとかったるい感じがしました。みのもんたがマンションの管理人役でしたが、刑事がみのもんたに何か質問するシーンってなかったですね。尺の関係で切られたのかな?後編はずっと裁判シーンです。後編は前半のかったるいのが吹き飛んだみたい。まあ、映画では冬香が死亡したところから始まっているのがわかります。テレビの場合はいろいろ制約が厳しいので、冬香役の高岡早紀のヌードがほとんど拝めなかったのはさびしいですよね。テレビ版「失楽園」の主人公の川島なおみと古谷一行が菊治の知人役で出ていて少し嬉しかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2007/03/21

結構入っていた「ラストキング・オブ・スコットランド」

326670thumb011

 先週の土曜日に「デジャヴ」を見たのでスタンプが6個になっていました。次がタダなら、TOHOシネマズ光の森で上映されている「ラストキング・オブ・スコットランド」を見ようと決めて高速を走らせました。TOHOシネマズ光の森は、ジャッキー・チェンの「メダリオン」を見て以来です。「メダリオン」は2004年6月19日公開だそうですので約3年ぶりに来たことになります。あの頃より光の森はずいぶんと立派になっていました。以前来た時はあんなに回りに建物が立ってなかったと思います。

 それに、シネコン自体はかなり活気があります。「はません」と同系列のシネコンなのにずいぶんと雰囲気が違います。本日の午後3時半の回に行ったのですが、同時刻頃に上映される「アンフェア・ザ・ムービー」は「満席」だというアナウンスが流れていました。「満席」のアナウンスを何年ぶりに聞いたんだろう?シネコンが熊本県内で5箇所になったので、まず聞かなくなり、まさか光の森で聞けるとは思いませんでした。実際、私が見た「ラストキング・オブ・スコットランド」も私の予想以上に入っていました。小さな劇場でしたが、2週目で4割くらい入っていたと思います。熊本県内ではここでしかやっていないとは言え、この映画は宣伝がほとんどされてなかったですからね。1日の上映回数が1回か2回しかないので、今月中に終わるかもしれませんが、見てよかったと思いました。

 私が「ラストキング・オブ・スコットランド」を知ったのは、アカデミー賞にノミネートされてからです。この映画でアカデミー賞の主演男優賞を取ったフォレスト・ウィテカーですが、私はアミン大統領役の人とは思っていませんでした。映画を見たらわかるんですが、主役はアミンではなく、スコットランドから来た青年医師です。この青年医師の目を通してアミン大統領の実像に迫っていきます。青年医師のニコラスは想像上の人物ですが、周りのアミンを初めアミンの第2夫人ケイも実在し、実際の事件とフィクションをうまくからめています。ただ拷問シーンは気持ち悪くなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オンライン試写会3連敗!

 最近、ヤフーのオンライン試写会は「蒼き狼」「神童」と連敗中だったけど、本日、「蟲師」もはずれました。なかなかうまくいかないものですね。「蟲師」のオダギリジョーですが、何か「ゲゲゲの鬼太郎」に似ていませんか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/18

来週「キンタロス」登場だって!「仮面ライダー電王」

 日曜日朝8時からの「仮面ライダー電王」、いよいよ来週の9話には次のイマジン「キンタロス」が登場するそうです。やはり、金太郎がモチーフですね。4つ目「リュウタロス」も4月には登場。モチーフは「竜の子太郎」だって!えっ!と思いませんか?「竜の子太郎」ってどんなおとぎ話?私は知りませんでした。

 「仮面ライダー」シリーズはお子様だけでなく私みたいに大人も見ていますので、ストーリーがシリアスなところがあり、子どもにはストーリーがわからなくなる可能性がありますね。今回の変身ベルトはそこそこ売れているそうで、バンダイさんよかったですね。脚本家小林靖子さんは「龍騎」のときのメインライターでした。まだそんなにおもしろいとは思いませんが、何故か見てしまいます。いつもは今頃には映画化の発表があるのに今年はまだかな?今後の展開に期待します。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/03/17

予想もつかない面白さ「デジャヴ」

20061124010fl00010viewrsz150x

 「デジャヴ」って「既視感」と訳されます。今まで来たことないのに来たことがあるような気がする、そういう感覚に襲われることってたまにありますよね。それをベースにこの映画はすごいアクションサスペンスに仕立て上げられました。

 最初にフェリーが大爆破。それを調べるのがベンゼル・ワシントン扮するATF捜査官ダグ・カーリン。そして爆破1時間前に焼死体になった女性。「白雪姫システム」と「4日と6時間前」。まさかこんな展開になるとは思ってもみませんでした。おもしろかったですね。

 「白雪姫システム」は、4日と6時間前のある地域の特定人物の行動をモニターに映し出すことができます。このシステムはパラレルユニバースというみたいです。まだ実用化はされていないのでしょうが、理論的にはあるんでしょうね。すごいことできちゃうんだな~って感心しました。この映画は見てよかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

世の中、なかなかうまくはいかないものだ!

 計画としては完璧だと思っていました。「デジャヴ」の前売券はおまけのICレコーダーが気に入って以前から持っていました。この映画はたいていのシネコンで今日から封切られています。TOHOシネマズはませんは前回で5回見たので、6個目として「デジャヴ」を見ようと思いました。午後3時50分から「デジャヴ」。6時5分に終わるので食事をして午後7時25分より次回無料なのでそのシネコンでしかやっていない「ポイント4」を見ようとしておりました。ところが、シネマイレージカードのポイントの反映は翌日なのだそうです。だから、「デジャヴ」のとき、「明日以降ごらんになられた場合無料」と言われたのですね。東宝8では紙にスタンプを押すやつで見てすぐわかるので、2つ目の映画はその場で無料にしてくれたのですが、機械を使っているTOHOシネマズはませんでは融通を利かせてくれませんでした。「ポイント45」は1800円を払ってまで見たい映画ではなかったので、そのまま帰宅しました。今年初めて3本見て帰るつもりが完全に計画が狂ってしまいました。レイトショートして「ゴーストライダー」も見ようと思っていたのにな~。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007/03/14

やっと見ました。「おうちで上映会」で「アルゼンチンババア」

326666thumb006

 自分のプレミアム会員IDで「アルゼンチンババア」が当たったのに見れなかった話は以前書きました。ヤフーからこうしろああしろといろいろ対策メールをいただきましたが、見れる権利が1日しかなかったのでとうとう見ることができませんでした。3回目のメールに「別のIDを持っているなら、そのIDで応募してください!」とありました。さっそく、試験が終わった月曜日に応募してみましたが、このときははずれてしまいました。でも、24時間過ぎるとまた応募できるんです。それで、本日午後4時過ぎに応募してみたら、今度は当選!別IDではちゃんと再生できました。

 プレミアム会員で応募できる「ヤフーオンライン試写会」では画面が小さいのですが、今度の「アルゼンチンババア」はそのままWindowsmediaplayerが立ち上がるんですね。パソコンいっぱい画面を広げることができたのにはうれしかったです。

 私は原作読んでいません。役所広司が主役だったのですね。「アルゼンチンババア」役は鈴木京香。髪は白髪でしたが、一体何歳くらいの役かな?映画の中で「あの歳で...」という台詞がありますので、60歳に近い50代?そんな歳にはやはり見えません。手塚理美が堀北真希のお母さん役。映画ではすぐに死んじゃいます。その死を受け止められずに役所広司はアルゼンチンババアのところに逃げ込みます。役所広司は石材屋さんの役。だから「全優石」が協賛しているんですね。不思議な風景。どこで撮影したのかな?カラーがおかしいのはわざとでしょう。私個人としては、お金を払って見なくて良かったな~って感じですかね?

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007/03/12

リアル過ぎた「ハッピーフィート」

20070115005fl01005viewrsz150x

 「ナイトミュージアム」に続いて「ハッピーフィート」を見ました。劇場は「ハッピーフィート」の方が大きかったのですが、たくさん入ったのは、「ナイトミュージアム」の方でした。

 「ハッピーフィート」を子ども映画と思うと大間違いですね。アニメにしてはリアル過ぎです。ペンギンが英語でしゃべってあんなにタップを踏むはずはないのですが、本当のペンギンが踊っているかのようでした。人間も出てきます。人間は実写ではないか?と思えるほどです。映画の中で歌っている曲は私には懐かしかったですね。マンブル君のお父さんの名前は「メンフィス」、お母さんの名前は「ノーマ・ジーン」だそうです。「メンフィス」といえば、「プレスリー」。「ノーマ・ジーン」はマリリン・モンローの本名ですよね。このへんも知っていると楽しく見れると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

アメリカの歴史の勉強したみたい。「ナイトミュージアム」

20070111002fl01002viewrsz150x

 昨日、DCプランナー試験を終えてからそのままシネプレックス熊本へ行き、先行上映の「ナイトミュージアム」と「ハッピーフィート」の字幕版を見ました。どちらも先に前売券を買っていたのでした。「ナイトミュージアム」は東宝8でも字幕版はやっていましたが、「ハッピーフィート」の字幕版は熊本ではシネプレックス熊本でしかやってなかったのです。

 さて、「ナイトミュージアム」はコメディなんですね。字幕は「戸田奈津子」さんでした。主役のベン・スティラーってぜんぜん知りませんでした。知っていたのは、テディ役のロビン・ウィリアムズとカウボーイ役のオーウェン・ウィルソンの二人。オーウェン・ウィルソンは、パンフに名前が載っていません。ほとんどオクタヴィウス役の人と一緒に出ていたのに、オクタヴィウスの名前はパンフに載っているのに、オーウェン・ウィルソンが載っていないのはかわいそうです。オーウェン・ウィルソンは、「シャンハイヌーン」でジャッキー・チェンの相棒を務めました。あのときもカウボーイ姿、今回も同じくカウボーイ役です。今回はミニチュア役ですが。この「ナイトミュージアム」ですが、アメリカの歴史を知らない人はパンフレットを買った方が良いですよ。かなり勉強になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007/03/08

「おうちで上映会」当たっているのに見れません。

 今日から「おうちで上映会」ができるようになっていたので、さっそくアクセスしてみました。「アルゼンチンババア」をYahoo JAPAN IDを持っている人3万人に見せるというものです。抽選は当たりました。ちゃんと画面には「当選おめでとうございます 3月9日17時8分まで視聴できます。」と出ています。だけど、「動画を見る」のボタンを押すと、「視聴期間が過ぎている可能性があります。」と出て、見ることができませんでした。何度やっても同じ。Windowsmediaplayerのバージョンは10です。一体何が悪いのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007/03/07

今度の日曜日は「ハッピーフィート」と「ナイト・ミュージアム」に!

 今週末公開の「ラストキング・オブ・スコットランド」ですが、熊本での上映時間が私の都合と合いませんので、今回はパスすることにしました。今度の日曜日はまたDCプランナーの試験を受けます。それが終わってからTOHOシネマズ光の森へ行こうと思っていたのですが、「ラストキング・オブ・スコットランド」は1日3回しか上映がなく、時間帯が合わないというのが今日わかりました。それで、しかたないので、シネプレックス熊本へ試験が終わってから行き、先行上映の「ナイト・ミュージアム」と「ハッピーフィート」を見ることにしました。小川の東宝8では吹替版しか上映しないのです。やはり、字幕版の方がいいですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/03/06

「バベル」の日本語音声にも字幕を!

 今朝、FM熊本の放送であったのですが、映画「バベル」には菊池凛子演じるところのろうあ者が出てきます。この映画のろうあ者たちのコーディネーターをした人がラジオに出ておられて、ろうあ者はこの映画の完成を心待ちにしていたが、試写を見たろうあ者の人から日本語音声部分に字幕がなかったので、全体がよくわからないとか言われたのだそうです。ろうあ者たちがこの映画の製作に携わったのだから、全編に字幕がつくように署名運動をしていました。 そういえば、ニフティのフォーラムで一度テレビドラマの台詞に皆でボランティアで字幕を入れるイベントをやったことありましたね。あのときは事前にシナリオをもらって一応わかっていたそうですが、実際テレビドラマでしゃべっていた台詞と違っているところもかなりあったそうです。「バベル」もシナリオがあるわけですから、そこを見てまずワープロ打ってみるのも一考かな?

| | コメント (0) | トラックバック (2)

いつも早い桜が咲いた!

070306_13580001
070306_13590001
070306_13590002






 八代で一番早く咲く「大手町不動産」の桜がほぼ満開になりました。今日は寒かったけど前日まで暖かかったので咲いちまったようですね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/03/05

「蒼き狼」興行成績1位の大ヒットスタート CONFIDENCE ランキング&ニュース -ORICON STYLE-

リンク: 蒼き狼」興行成績1位の大ヒットスタート CONFIDENCE ランキング&ニュース -ORICON STYLE-.
 この成績は本当なのでしょうか?TOHOシネマズランキングでは、「蒼き狼」は第4位です。私もTOHOシネマズはませんでこの映画を見ましたが、入場者は少なかったです。だから、TOHOシネマズのランキングの方は自分の感じに近いです。3日公開映画で5本もランキングに入っているんですね。今週末の公開では入りそうなのは、「バッテリー」と「ドラえもん」の2本でしょう。「蒼き狼」は今週末では1位ですかね?かなり疑問です。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007/03/03

主役が存在しない「ボビー」

20070204001fl01001viewrsz150x

 「蒼き狼」に続いてもう一本見ました。「ボビー」です。東京では先週から始まったのですが、熊本では今日が初日でした。この前売券は1500円もするんですよ。それをヤフオクで何とか1300円でゲットしました。劇場は100人も入らないところで、入場者8名だったかな?

 「ボビー」とはロバート・F・ケネディの愛称。ボビーが暗殺されたアンバサダホテルに集まった客と従業員の群像劇でした。映画検定的に言えば「グランドホテル形式」ということになります。出ている俳優さんたちは豪華ですよ。だけど、誰が主役というわけではないんですよ。パンフには「1968年」が主役とか書いてありましたが、そういう表現があっていると思います。ロバートはホテルから出て行こうとしているところで支持者たちに回りに囲まれているところで一人の男に銃殺されちゃうのですね。あんな至近距離で撃たれるとは思ってもいなかったので、こんな物語だったのか!と驚きました。ベトナム戦争がかなり問題になっています。今のイラク問題と関係ないわけではないですね。2008年は大統領選挙の年。ヒラリーさんが狙われないよう祈るばかりです。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

「SAYURI」みたい!「蒼き狼~地果て海尽きるまで」

20061102001fl00001viewrsz150x

 来週試験というのに午前中熊本市で仕事があったので、TOHOシネマズはません午後1時の回で「蒼き狼~地果て海尽きるまで」を見ました。400名くらい入る劇場で20数名でした。

 モンゴルの馬ってズングリしているんですね。モンゴルの話なのに全て日本語で話していて何かすごく違和感がありました。「SAYURI」をバカにはできないですね。日本もこんな映画を作っちゃうのですから。3万人のエキストラはすごいんですが、エンドロールにCGプロデューサーの名前が出てきて「何だ!これでもどこかにCG使っているんだ!」と思うと何か普通の映画に思えてですね。八代高専の井上先生の息子さんが出ていると聞いたのですが、エンドロールで名前も発見できませんでした。上映館は多いので今週のランキングは上位でしょうが、すぐにランキング外になるのかな?お金かかっているのにね。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007/03/02

桜満開?

 このところ、毎日暖かいですね。いつもと違うところを通っていたら、桜らしきものが満開だったので携帯カメラで撮りました。桜にしては早すぎるんですけどね。
070302_17300001
070302_17300002
070302_17300003
070302_17310001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/01

ついに発表!「おうちで上映会」

 3月になったので、ブログのテンプレートを換えてみました。「お茶犬」バージョンです。一時期、映画とのコラボがたくさんココログとあったけど、最近はぜんぜん映画とのコラボないですね。

 やっと今日、ヤフーの「おうちで上映会」の内容がアップされていました。ヤフーのIDさえ持っていれば「アルゼンチンババア」の試写応募に参加できるんです。その数何と「3万人」。3月8日からだそうです。ブログパーツがあったので設置してみました。ただこのブログパーツ、何度も再生しちゃうんですね。「スパイダーマン3」の予告も流しているのでうるさいです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »