« たった3人だった「テラビシアにかける橋」 | トップページ | 「テラビシアにかける橋」ランキング外! »

2008/01/27

コーラスってすごいですね。「歓喜の歌」

328735view001

  おうちで上映会で25日より始まった「歓喜の歌」。ヤフーIDを持っている1000名に当たるというので、25日が回ってすぐに応募。4つ持っているIDをフルに使っても25日・26日は全滅。ところが、今朝の8時過ぎにアクセスしたら、1つ目のIDで当選しました。やった!日曜日なので母の買い物に付き合った後から見ました。

 「歓喜の歌」は立川志の輔の新作落語が原作だそうで、原作者本人がタクシーの客役で出ておられました。リリー・フランキーも飲み屋の乗客役で出ていたのは特集ページを見て初めて知りました。監督がリリーフランキー原作の「東京タワー」と同じ人だからそのつながりで出たんですかね?

 「みたま町レディースコーラス」と「みたま町コーラスガールズ」という似たような名前のコーラスグループのコンサートの日取りを大晦日にダブルブッキングさせてしまう文化会館の飯塚主任(小林薫)。どうせおばさんたちの道楽と馬鹿にしていたがどちらも引き下がらない。優柔不断の彼はもう一つ自分自身の悩みもかかえていた。抱腹絶倒で笑って泣けるすごい映画でした。由紀さおりって本物の童謡歌手ですよね?彼女が混じってコーラスを入院中の子供の前で歌うシーンにはジーンと来ました。この映画を見たら、たぶんコーラスってすごいんだな~って思うと思います。全国のコーラスグループは活気付くのではないかな?!日本経済もこの映画で息を吹き返して欲しいものです。

 「歓喜の歌」は熊本県ではシネブレックス熊本とTOHOシネマズ光の森で2月2日より上映開始。元気をいっぱいもらえるすごく良い映画です。皆見て欲しいです。

|

« たった3人だった「テラビシアにかける橋」 | トップページ | 「テラビシアにかける橋」ランキング外! »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コーラスってすごいですね。「歓喜の歌」:

» 『歓喜の歌』:うーむ、ユルさの原因は・・・:Myムービー掲載 [りゃんひさのMyBlog:映画レビューなど]
落語ブームもここまで来たか!って感じのノリで、立川志の輔の創作落語が映画化である。 古典落語の本歌取りは、最近の『てれすこ』をはじめ数々あるが、創作落語の映画化というと、えーと、桂三枝の『ゴルフ夜明け前』ぐらいしか思いつかない。 なので、期待と不安と相半ばという気持ちで初日に出かけました(レビューアップはちょっと日が経ってますが)。... [続きを読む]

受信: 2008/02/09 00:44

« たった3人だった「テラビシアにかける橋」 | トップページ | 「テラビシアにかける橋」ランキング外! »