« 何で「ポストマン」ではなくて、「母べぇ」なのか? | トップページ | 熊本での初日「犯人に告ぐ」 »

2008/01/01

これサスペンスなのかな?「タロットカード殺人事件」

20070912004fl00004viewrsz150x

 お正月に映画を劇場で見ること。これはここ3年くらい続けていたので、今年もやらないわけにはいかないでしょう。だけど、今年は見る映画はだいたい昨年のうちに見てしまったという感じ。それじゃ何を見るかな?って思って「タロットカード殺人事件」を見ることにしました。いつも午前中で家の用事は済んでしまうのですが今年だけは午後までかかってしまったので本日1本だけの鑑賞です。

 だけど、今日は寒かったです。八代は曇っているだけで雨はたいしたことなかったけど、高速で熊本へ向かうときに途中で雨にやられました。熊本市内では降っていなかったけど、駐車場に車を置いて傘を持参して劇場に入りました。行った劇場はDenkikan。ほぼ半年ぶりかな?この半年の間に2階の入り口にあった飲み物屋さんは閉店。何かかなりさびしい感じになっていました。メンズデーも木曜日から月曜日に引っ越したそうです。知らなかった!

 「タロットカード殺人事件」の原題は「SCOOP」。スカーレット・ヨハンソン扮するジャーナリスト志望の女子大生はウディ・アレン演じるところのマジシャンの箱に入ったところで元記者の幽霊に会い、殺人事件の犯人がピーター(ヒュー・ジャックマン)だと告げられます。それでピーターを探るためにスカーレットは彼に近づきます。サスペンスだと聞いて見てみたいと思ったのですが、ぜんぜんサスペンスみたいな展開ではありませんでした。これじゃ、コメディです。コメディとして見るならばそこそこおもしろいと思いますが、サスペンスだと思うと期待はずれになるでしょう。天候が悪かったのに見に行ったにしてははずれだったかな?

|

« 何で「ポストマン」ではなくて、「母べぇ」なのか? | トップページ | 熊本での初日「犯人に告ぐ」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: これサスペンスなのかな?「タロットカード殺人事件」:

« 何で「ポストマン」ではなくて、「母べぇ」なのか? | トップページ | 熊本での初日「犯人に告ぐ」 »