« これサスペンスなのかな?「タロットカード殺人事件」 | トップページ | 五高の話ではなかった「北辰斜にさすところ」 »

2008/01/05

熊本での初日「犯人に告ぐ」

20070918003fl00003viewrsz150x

 またDenkikanへ行きました。今日から「犯人に告ぐ」と「北辰斜にさすところ」が熊本で封切られたからです。「犯人に告ぐ」は前売券の発売もなく、しかたなく1800円で見るかな?って思って行ったのですが、車のキーを見せたら500円引いてくれて何と1300円で見ることができました。しかもEdyで支払いました。

 「犯人に告ぐ」の原作は「クローズド・ノート」の雫井脩介。原作は読んでないけど、「劇場型捜査」というところに面白さを感じました。この映画も「クローズド・ノート」と同じくらいのスクリーン数で全国一斉公開ならもっと入場者数を稼ぐことができたでしょうにね。2000年末の誘拐事件で失敗した刑事が2006年の事件でその汚名を晴らすためにがんばる話。その刑事をトヨエツさんが演じます。そのトヨエツの嫌な上司に石橋凌と小沢征悦。石橋凌の演技はまあまあだったけど、小沢征悦のは気味が悪かったです。リップクリームを唇に塗りながらニヤってするんですよ。ゾゾゾ!って来ました。小沢征悦と片岡礼子は同級生で昔関係があったという設定。片岡礼子もなかなか良かったです。刑事役の一人に安藤一夫がいたと思うのですが、パンフレットに名前がありません。違ったかな?おもしろかったです。

|

« これサスペンスなのかな?「タロットカード殺人事件」 | トップページ | 五高の話ではなかった「北辰斜にさすところ」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 熊本での初日「犯人に告ぐ」:

» 『犯人に告ぐ』:雫井脩介の原作を読みました。 [りゃんひさのMyBlog:映画レビューなど]
映画公開前に購入した原作小説を読みましたので、映画との比較を少々。 [続きを読む]

受信: 2008/01/06 21:39

« これサスペンスなのかな?「タロットカード殺人事件」 | トップページ | 五高の話ではなかった「北辰斜にさすところ」 »