« 続けて見た「銀色のシーズン」 | トップページ | 芦名星に期待しすぎた「シルク」 »

2008/01/20

ミュージカルだから何とか見れた「スウィニー・トッド~フリート街の悪魔の理髪師」

20071029016fl00016viewrsz150x  スタンプが6個たまると、次回の入場料が無料になる「宇城バリュー」。無料で午後6時10分開始の「スウィニー・トッド~フリート街の悪魔の理髪師」を見ました。今年のゴールデングローブ賞受賞作品の「スウィニー・トッド~フリート街の悪魔の理髪師」。受賞してないとまずこの手の映画は見ません。何せ怖そうなんだもの。予告編でも怖いかな?という感じはしました。映画はミュージカルなので、突然歌いだします。だから、血しぶきがドバーっと上がるものの、そんなに怖い映画だという感じはしませんでした。だけど、血しぶきドバーはやはりすごいです。15年前に悪徳判事に貶められた男がその判事に復習する話。誰彼となく、その理髪店に入った者は二度と出てくることはありません。主演のジョニー・デップもその相手役女優さんも目の周りが黒いパンダメイク。そして、ラストでジョニー扮するトッドを殺害するトビーもまたパンダメイクになっていました。彼もジョニーと同じ道をたどるのでしょうか?

|

« 続けて見た「銀色のシーズン」 | トップページ | 芦名星に期待しすぎた「シルク」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ミュージカルだから何とか見れた「スウィニー・トッド~フリート街の悪魔の理髪師」:

» 『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』:傑作誕生!かと思いきや:Myムービー掲載 [りゃんひさのMyBlog:映画レビューなど]
オープニングの理髪店二階の屋根窓を俯瞰で撮るあたりから、『ファントム・オブ・パラダイス』を思い出したりして、スティーブン・ソンドハイムの重厚で人間の歌声さえも楽器としてしまうような多層的な楽曲、それに凝った美術にメイクアップ、陰影に富んだ画面づくりと、「おー、もしかして傑作誕生か!」と思わせる前半。... [続きを読む]

受信: 2008/01/22 00:27

« 続けて見た「銀色のシーズン」 | トップページ | 芦名星に期待しすぎた「シルク」 »