« 熊本での初日「犯人に告ぐ」 | トップページ | 「恋空」ついに見ちゃいました! »

2008/01/05

五高の話ではなかった「北辰斜にさすところ」

20071105006fl00006viewrsz150x

 夕食を外で済ませて1時間後にまたDenkikanへ。今度は「北辰斜にさすところ」の鑑賞です。こちらは1日に来たときに前売券を購入していました。

 主演は三國連太郎。人吉出身の七高生の上田勝弥役。三國の後に名前が出てきたのは緒形直人。勝弥の先輩の草野を演じます。旧制高校って今の大学だけど、バンカラで遊びもすごく勉学もすごかったみたいですね。撮影は山江村でずいぶんとやったみたいです。熊大の五高記念館や小泉八雲記念館でロケしているのがわかりました。この映画にも安藤一夫はチラっと出ていますが、こちらの映画のパンフにはちゃんと名前が出ています。ラストあたりでちょっとだけ涙ぐんでしまいました。こちらも見てよかったです。

|

« 熊本での初日「犯人に告ぐ」 | トップページ | 「恋空」ついに見ちゃいました! »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 五高の話ではなかった「北辰斜にさすところ」:

« 熊本での初日「犯人に告ぐ」 | トップページ | 「恋空」ついに見ちゃいました! »