« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008/07/26

「ドラゴン・キングダム」ではJJは脇役!

330551view001

 先週入院していたので、本日2本鑑賞をあきらめました。黄金の前売券を買っていたので、今日はシネプレックス熊本で「ドラゴン・キングダム」を鑑賞しました。熊本県ではシネプレックス熊本他3箇所でしか上映されていなくて、公開初日のため結構入場者はありました。

 ポスターとかは、ジャッキー・チェンとジェット・リーの二人が大写りしていますよね。だから、彼らが主役かと思っていたら、別に主人公がいてその彼をしごく師匠役で二人が出ていました。ジェット・リーとジャッキー・チェンはそれぞれ二役をやっているんですが、ジェット・リーはすぐわかったのですが、ジャッキーのはメイクがすごくてぜんぜんわかりませんでした。パンフレットで初めて知りました。JJ対決は迫力あったけど、今回、ジャッキーはあまりお笑い担当ではなかったような?何か、昔見た「ベスト・キッド」みたいな感じがしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/21

ただ今入院中!

先週の水曜日から下っ腹がシクシクしました。私の寝室にはクーラーがありませんので、寝冷えでもしたのかと思って近くの医院にかかりました。
二日間、その医院の薬を飲み、夜は九時間ほど寝ていましたが、なかなか治らず。金曜日に人間ドックでお世話になった医院で診察を受けたら、直腸憩室炎の疑いで入院とあいなりました。
24時間点滴を受けており、右手は点滴の針が刺さっていて、ケータイから左手で書いています。映画は今週はバスしてもいいかな?って思っていましたが、自由がきかないのがつらいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/13

Willcom D4は買ったものの....

 7月11日、世間ではiPhone3Gの発売日でしたが、私はWillcom D4を購入しました。午前11時にお店に行ったのに、すぐにもらえないのですよ。内部的セッティングがかかるというので、お昼に家に一度帰って、また午後2時になってお店に行きました。セッティングはパソコンみたいなことをやるんです。さあ、精算しようとUCカードギフト券とヤマダ電機株主優待券を使用しようとしたところ、レジで1時間以上足止めを食らいました。

 よって、金曜日は購入だけで何もその後いじっていません。土曜日もいろいろあって触れませんでした。そして、本日日曜日にいろいろ触って、PHSでインターネットに接続できるようにしたし、画面もデスクトップパソコンと同じようにクラッシックに変更。だいたい、自分用の仕様にすることができました。それにしても、バッテリー持ちません。ネットの画面変わりません。やはり、クレードルが来ないと駄目ですね。一緒にクレードルも購入するつもりがその日にはお店に入って来ず。それも11日になって初めてその値段がわかるという不手際。何と、クレードルのお値段19800円だそうですよ。1万円以内と踏んでいたのにその2倍の値段にもうびっくり!まだ商品券が残っていたので良かったです。

 今日もヤマダ電機を覗いて来ましたが、iPhone3Gの話を聞く人はたくさんいるようでしたが、Willcom D4の話を聞く人はいないようで。11日に2台入ってきたのに私以外は購入しなかったそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/12

「スピード・レーサー」で少し寝てしまいました。

328895view001

 先週から公開されている「スピード・レーサー」。先週は「クライマーズ・ハイ」と2本続けて見るには時間帯が合わなかったので、今日になってしまいました。「ゲゲゲの鬼太郎~千年呪い歌」が終わって約30分後に始まりました。公開2週目なので、入場者は10人もおらず。日本のアニメ「マッハGOGOGO」が原作なのにね。

 「マッハGOGOGO」のアニメと同じく、映画に出てくるマッハ号はジャンプするし、谷から這い上がってきたりします。しかし、何かおかしい。私は睡魔に襲われ、不覚にも少し寝てしまったようです。真田弘之の登場シーンってあんなに少ないの?山場は幾つもあるんですが、かえってそれが良くないように感じました。エンディングでかかる曲は私が良く知っている「マッハGOGOGO」のテーマソングをサンプリングしている曲でした。「マッハゴーゴー」と日本語で歌っていたところは、「スピードレーサーGO」という歌詞になっていました。

 あまり日本のアニメ「マッハGOGOGO」のイメージで見に行くとがっかりすると思います。あくまで洋画なのですから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ゲゲゲの鬼太郎~千年呪い歌」は恋愛映画みたい!

329970view001

 今日は、昨年公開された実写版「ゲゲゲの鬼太郎」の第2作目「ゲゲゲの鬼太郎~千年呪い歌」の初日。以前から前売券を購入していたのでさっそく見に行きました。いつもの宇城バリューです。宇城バリューで2番目に広い劇場で上映され、後ろの3分の1くらいが埋まっていましたかね?

 前作から引き続き出演した人。今回から出てきた人。特に今回から出てきた人で蛇骨婆とサトリ、竹切り狸、文車妖妃は誰が演じているのかわかりませんでした。蛇骨婆が佐野史郎、サトリが上地雄輔、竹切り狸がブラザートム、文車妖妃が中川翔子だったのです。パンフを見るまでぜんぜんわかりませんでした。

 今回のヒロインは北乃きい。前作と違って鬼太郎は性格が変わってしまっているようで、何か違和感がありましたね。何か悩めるヒーローでした。怖い話ではありませんでしたが、前作より面白いのか?と言われると私は前作が良かったかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ジャージの二人」ってスローライフ生活?

330022view001

 Yahoo!動画の「おうちで上映会」では、「西の魔女が死んだ」以来です。この間、「アース」「クライマーズ・ハイ」「レッドライン」の3本には毎日応募しましたが駄目。今回の「ジャージの二人」は7月10日より毎日4IDで挑戦。2日目の3つ目のIDがヒットしたわけです。鑑賞は昨日の11日です。ただ、見終わったのは12時を回ってしまいました。

 「ジャージの二人」に主演した堺雅人は今旬の人みたいですね。同じく「おうちで上映会」で見せてもらった「アフター・スクール」にも、先週劇場で見た「クライマーズ・ハイ」にも出演していました。NHK大河ドラマ「篤姫」でも将軍様役で出ていたのを先週見ました。もう一人の主役、堺雅人のお父さん役にあの「シーナ&ロケッツ」の鮎川誠が出てきたのはびっくり!この二人、似ていると思います。東京で35度を越す猛暑のときに避暑地の山荘に二人でやってきます。そこは20度くらいしかないので、寒いっておばあちゃんが残してくれたジャージを二人とも着て過ごすのです。胸には「○小」と書いてあります。どうも小学生のお古のようです。エンドロールに名前が載る登場人物はこの二人の他に堺雅人の妻役の水野美紀、雅人の腹違いの妹役の田中あさみ、お父さんのお友達役のダンカン、山荘の隣人役の大楠道代の4人だけ。道ですれ違う女子高生が数人いますが、彼女らは単なるエキストラなんでしょうね。予告編で「くすくす笑って、情けなくて、切ない。でも、心がすっと楽になる。」と言っていますが、正しくそんな感じの映画です。

 今のところ、熊本ではこの映画の上映予定はありませんが、7月19日より上映が始まるようです。上映される地域の方、暇つぶしに見るのもいいですよ。オンライン試写会は、7月16日午後11時59分頃までやっています。YahooIDをお持ちの方、私のように毎日挑戦してみたらどうでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2008/07/11

「夢をかなえるゾウ」は文句なく面白い!

 八代市立図書館でかなり前に予約した「夢をかなえるゾウ」をやっと借りられたので一気に読みました。この本は、小説なのですが、「自己啓発本」というジャンルに入るのではないかと思います。ガネーシャというゾウのような形をしたインドの神様が「ボク」に説教をたれて、やがて「ボク」は変わっていく!という話なのですが、ガネーシャが何故か関西弁でしゃべる。途中で「シャカ」なるものも現れて、「ボク」は二人の神様のパトロンみたいな感じになってしまうのです。ガネーシャが「ボク」にたれる説教は他の「自己啓発本」に書いてある話だよな~って思いながら読み進めたら、やはり、ガネーシャ自身もこれらは他の本にも書いてあると話し出し、要はそれを「ボク」が実践するかどうかの話になりました。抱腹絶倒、久々面白い小説を読みました。この本、今年テレビドラマになるそうです。ガネーシャ役は一体誰?私の頭の中ではガネーシャの声は「阿藤快」ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008/07/05

「クライマーズ・ハイ」感動はもう一つ!

330008view012

 1985年8月12日のあの日、私は30歳でした。飛行機事故の90%は離着陸時に起き、こんな墜落事故はまず起きないはすなのに起きてしまいました。テレビのニュースで連日やっていましたのでよく覚えています。「クライマーズ・ハイ」をいつもの宇城バリューで見てきました。東映配給の映画なのにパンフは600円と普通より安かったです。タイトルの「クライマーズ・ハイ」とは、登山時に興奮状態が極限まで達し、恐怖感が麻痺してしまう状態のことだそうです。

 群馬の新聞社が地元で起きた事故をどのように取材し報道したか!劇中に「オオクボレンセキ以来の大事件」という台詞がありました。「大久保清事件」と「連合赤軍・山岳ベース事件」のことのようです。どちらも群馬県内で起き、71・72年の頃。主人公悠木はまだペーペーの頃だったそうで、被害者の数では確かに日航機墜落の方は「スケールが違いすぎる」というのもわかります。おもしろくないわけではありません。しかし、物語は85年の8月12日より1週間と2002年のある日が交互に出てきて、何か、私はクライマーズ・ハイにはなれませんでした。

 原作は、横山秀夫さん。彼の新聞記者時代のが元になっているそうですが、彼の原作の最高傑作映画はいまだに「半落ち」でしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008/07/03

WILLCOM D4購入予定!

Img6

 「花より男子ファイナル」はF4ですが、私の興味はD4です。7月11日発売のWILLCOM D4の購入を考えています。ノートパソコンを持っていますが、ほとんど持ち歩くことはありません。保険の仕事でも情報漏えいにかなり厳しい制限があり、今回のノートパソコンは持ち運ぶことがありませんでした。今年10月で5年になるし、ここでWILLCOM D4に買い替えしたいと思いました。

 私は以前、WILLCOMのW-ZERO3を11ヶ月ほど持っていたことがあります。これをネット予約しようとしたところ、開始直後から丸1日ずっと繋がらず。やっと繋がったと思ったら予定数終了。2回目の募集で購入しました。前回の苦い経験があるので、7月1日からの事前予約にはぜんぜん期待していませんでした。それに以前はウィルコムの端末を八代市内のお店で購入する手段もありませんでしたが、今はヤマダ電機にウィルコムの販売員の女性が常駐しており、彼女に聞いたら7月11日に購入できるというので購入を決めました。もう一つ、頭金分のUCカード商品券も最近手に入りましたからね。

 ヤマダ電機のWILLCOM D4の位置づけはPHSではなくPC扱いだそうで、パソコンコーナーに展示するとのことです。何たって、OSがWindowsvistaHomePremiumですからね。また、「Office Excel 2007」「Office Word 2007」「Office PowerPoint 2007」が標準装備。Ultra MobilePCではもっと安いものがありますが、普通Microsoft Office personal+パワポって単独で買うと結構なお値段です。よって、かなりお買い得感を感じています。

 WILLCOM D4は、PHS通信、内蔵のワイヤレスLANによるデータ通信、別売のクレードル搭載のLAN端子を使用する固定回線でのデータ通信、の3つの方法がありますが、我が家は有線LANなので、自宅ではクレードル経由での接続となります。外ではワイヤレスLANができるところは、宮原SAでしかできないようで、これは使えないですね。PHS通信ということになりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/02

過去の好きな映画は新しい映画に塗り変わる!

マイベスト映画ランキング~♪で語ってください♪

 株式会社ハピネットさんから「マイベスト映画ランキング~♪で語ってください♪」と来ましたが、「ベスト」となると、どれをリストアップしたらいいのかわかりませんね。他の人は知りませんが、私の場合は過去の好きな映画は新しい映画に記憶が塗り変わるんです。それでも、過去の映画で思い出に残る映画はあります。

 過去の映画で好きだと思うのは、アルパチーノ・ジーンハックマン主演の「スケアクロウ」。ほとんど男しか出てこなかったけど、男同士の不思議な友情にジーンとしてラストシーンは今でもしっかり覚えています。最初の二人が出会うシーンも印象深いですね。1本の道がずっと向こうまで続いていて、少し風が強いので、二人が寄り添うようにしてタバコの火をつけるんです。

 次は「青春デンデケデケデケ」という邦画です。「織部金次郎」の併映作品で試写会に当たったのに当日都合が悪くなって後でビデオ鑑賞したものです。大林監督作品でよく笑ったし、青春時代はいいな~って気になりました。

 最後も邦画「砂の器」。大学生のときにリバイバルで劇場に見に行きました。友達と二人で行ったのですが、島田陽子が脱ぐというのが彼の鑑賞目的だったのです。さて、そのシーンがやってきました。隣の彼は「あっ、小さい!」と叫びました。そりゃ、私も島田陽子のおっぱいが小さいのは認めますよ。でも、それを口にすることないじゃないですか!私は隣にいてすごく恥ずかしい感じがしました。リバイバルで普通の日の上映でしたので10人も入っていなかったと思うのですが、彼の叫びは劇場内に響いた感があります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »