« 「P.S.アイラブユー」はやはり見るべきじゃなかった! | トップページ | 「女子大生会計士の事件簿3」でも萌ちゃんから電話が! »

2008/10/19

「ブタがいた教室」は考えさせられる映画!

331111view004

 ヤフーのIDで応募できるYahoo!動画「オンライン試写会」。今回の映画は、妻夫木聡主演の「ブタがいた教室」。昨日から始まった東京国際映画祭のコンペティション出品作品だそうです。ヤフーのIDを4個持っていますので、16日より14回目の応募でやっと当選しました。日曜日だったので、私としてはとてもラッキーでした。

 さて、映画の内容は、6年2組の新米教師の星先生(生徒たちにはホシペェと呼ばれています)がクラスを受け持つときのホームルームで「ブタを飼って食べること」を提案します。生徒たちは試行錯誤しながら、育ててきた自分たちのPちゃんに感情移入して当初食べるために飼ったのに食べれなくなります。だけど、卒業が近くなってどうするか結論を出さないといけなくなります。ブタの世話にしながら、「生き物を食べること」の意味を本当に真剣に生徒たちが討議しているシーンには皆泣きながら討議していて私も思わずもらい泣きしてしまいました。

 すごく深く難しい問題を笑えるシーンもたくさんあり、よくまあうまくまとめたな~って思いました。これは学校の「道徳の時間」の教材にして真剣に討議してほしいですね。この「ブタがいた教室」は11月1日シネ・リーブル池袋他で公開、熊本ではシネプレックス熊本で12月に公開されるようです。

 

|

« 「P.S.アイラブユー」はやはり見るべきじゃなかった! | トップページ | 「女子大生会計士の事件簿3」でも萌ちゃんから電話が! »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ブタがいた教室」は考えさせられる映画!:

» 「ブタがいた教室」ある意味、今年1番の問題作。 [シネマ親父の“日々是妄言”]
 ある小学校で行なわれた“実践教育”の実話をベースにした映画化。「ブタがいた教室」(日活)。う~ん、こんな映画やったンや。いやあ、こりゃあ色々考えさせられますな~。  4月。新任の星先生(妻夫木聡)は、担任になった6年2組の教室に、1匹の子豚を連れてくる。そして生徒たちに『このブタをみんなで飼って、飼育をした後、自分たちで食べる』という事を提案する。生徒たちは一様に興味を示し、クラスでブタを飼うことに。教頭先生(大杉漣)は不安を抱くが、校長先生(原田美枝子)はこの意図に賛同。やがてブタは、... [続きを読む]

受信: 2008/11/04 01:15

« 「P.S.アイラブユー」はやはり見るべきじゃなかった! | トップページ | 「女子大生会計士の事件簿3」でも萌ちゃんから電話が! »