« 「ワルキューレ」結果はわかっていたのに引き込まれた! | トップページ | 「相棒シリーズ 鑑識・米沢守の事件簿」 »

2009/03/20

「釣りキチ三平」ぜんぜん筋を覚えてなかった!

20081210003fl00003viewrsz150x

 午後5時50分よりいつもの宇城バリューで「釣りキチ三平」を鑑賞しました。8番劇場という小さな劇場で入場者は初日なのに20名もいませんでした。それも半分くらいはいつもの映画好きな人たちではなく、釣り好きな人たちなのかな?

 「週刊少年マガジン」創刊50周年記念作品となっていますが、連載当時、ちらっとは読んでいますが、釣りがわかるわけではなく、筋を覚えていませんでした。映画版の三平は須賀健太君がやっています。おじいちゃん役は渡瀬恒彦さん。実年齢から行くとおじいさん役も悪くはないんですが、色男だから孫がいる役というのは意外な感じがしましたね。塚本高史の魚紳役も良かったのではないでしょうか?

 ただ、この作品は、「おくりびと」の滝田洋二郎監督作品です。前作のとかなり比べられるので、果たして評価はどうかな?前作「おくりびと」は泣いたり笑ったりできましたが、今回の作品にはそういうふうな気持ちにはぜんぜんなれませんでした。

|

« 「ワルキューレ」結果はわかっていたのに引き込まれた! | トップページ | 「相棒シリーズ 鑑識・米沢守の事件簿」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「釣りキチ三平」ぜんぜん筋を覚えてなかった!:

« 「ワルキューレ」結果はわかっていたのに引き込まれた! | トップページ | 「相棒シリーズ 鑑識・米沢守の事件簿」 »