« Utadaとカラオケパーティは魅力的! | トップページ | 「仮面ライダー超電王&ディケイド 鬼ヶ島の戦艦」今回は子供向け? »

2009/04/29

「グラン・トリノ」見て良かったと思えた作品!

Main_001

 クリント・イーストウッド監督主演の「グラン・トリノ」をシネプレックス熊本で鑑賞しました。この映画は、TOHOシネマズはませんでも光の森でもやっていたのですが、お昼の2時台での上映がなかったので、シネプレックス熊本にしました。(ワーナーマイカルシネマズ熊本クレアでもやっていたとは知りませんでした。)到着がギリギリでしかも105席しかない劇場なので一番前の席になってしまいました。ほぼ満席です。

 近すぎて画面がゆがんで見えたのは初めてです。それでもこの映画を見て良かったと思いました。この映画に出てくるアメリカの地域では銃がないと本当に危ない地域のようです。クリント・イーストウッド扮するウォルトはかなり偏屈おやじ。奥さんが亡くなって葬式に来た自分の孫娘のへそピアスにご機嫌斜めになります。おやじはフォード勤めだったのですが、息子はトヨタの車のセールスマンだそうです。タイトルの「グラン・トリノ」というのが車の名前とは知りませんでした。このイーストウッドおやじの名車を悪どもに脅されて盗みにきた隣のタオ少年とのかかわり。その姉スーをある事件でこのイーストウッドおやじが助けたことで隣との交流が始まります。お隣の住民はモン族だそうです。東南アジアの民族でベトナム戦争でアメリカに加担したためにアメリカに移民しなくてはならなくなったそうです。イーストウッドおやじはフォードに勤める前は朝鮮戦争で人を殺した経験を持つ設定。公式サイトにある「老人は迷っていた、人生の締めくくり方を.......。少年は迷っていた、人生の始め方を........。」というキャッチフレーズは本当によくこの物語を表しているなあ~って感心しました。

|

« Utadaとカラオケパーティは魅力的! | トップページ | 「仮面ライダー超電王&ディケイド 鬼ヶ島の戦艦」今回は子供向け? »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!奥村博行様!初めまして。海田イサヲと申します。私は八代市出身です。朝日新聞のブログ窓口から入りました。偶然に見た、ヒト+ヒトの「人つながり八代市」と云うコーナーの欄からです。私の上に奥村様が紹介されていましたね。このコーナー「八代」と云う文字をブログで使うと、このコーナーに載る仕組みなんですね!出身でなくても載るみたいです。面白いですね!…私は八代市立第一中学校を卒業して東京都へと移り住んでいます。6年前久し振り八代市に行き、親戚まわりしたきり行っていません。八代市周辺も大変な変わり様ですね。さて、余り長くなると失礼ですからここいらで…私のブログのプロフィールを見て戴くと分かります。どこかの欄にコメントを入れて戴くと幸いです。〜@niftyやGoogle又はlivedoorなどの窓口[海田イサヲ][検索]でお入り下さい。それでは又失礼します!

投稿: 海田イサヲ | 2009/05/04 13:16

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「グラン・トリノ」見て良かったと思えた作品!:

» 「グラン・トリノ」偏屈ジジイの最後の決断 [soramove]
「グラン・トリノ」★★★★☆ クリント・イーストウッド 出演 クリント・イーストウッド 監督、2008年、117分、アメリカ 「思ったままを口にし、 周囲の人たちを傷つけてしまい、 最愛の妻を亡くして、 息子達からも疎まれる老人を クリント・イーストウッドが演じている」 隣に越してきたベトナム系の家族を 「米食い虫」と呼び 「クロ」だとか「イエロー」だとか、 差別用語のオンパレード、 でも見ていると分かってくる 彼にはその言葉にそれ以外の含みは無いこ... [続きを読む]

受信: 2009/05/17 13:26

« Utadaとカラオケパーティは魅力的! | トップページ | 「仮面ライダー超電王&ディケイド 鬼ヶ島の戦艦」今回は子供向け? »