« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009/05/31

第5回映画検定受験す!

090531

 「ひげ脱毛」お試しコースを終えてバスと西鉄で九州大学大橋キャンパスへ向かいました。昨年と同じ会場だったのでほとんど迷わなかったけど、入口に「家庭裁判所調査官補採用試験場」と書いてあってちょっとびっくり!隣に小さく「映画検定試験会場」の看板が。

 今回は2級しか受けていませんので3級・4級がどうなっているのかわかりませんが、2級21人・1級5人の席が用意してありました。やはり、昨年より受験者自体が落ちているようです。もうニュースにもなりませんし、シネコンに受験申込書が置いてあるわけでもないので、シネコンにお勤めの女性たちも映画検定自体の存在を知りません。ビデオ屋さんにもありませんしね。今回受験申込者数が全国で3000人あったのでしょうかね?

 2級も1級も同時間帯に一緒の会場で試験があるんですが、どちらの級の問題にも誤植があったと発表がありました。誤植を直しても問題自体はぜんぜんかないませんでした。今回の問題は複雑です。問題文が表している映画は何かはわかるものの、その映画の撮影監督が以下に挙げる映画名で撮影していない作品はどれか?とかかなりひねってあるのです。もうお手上げ。完全にわかったのは2・3問だけ。あとは当てずっぽう。昨年も会った1級受験者の男の人はウィキペディアを印刷して自分独自の資料としていました。来年はもっと勉強方法を考えないと合格は難しいな~って思いました。

| | コメント (1) | トラックバック (2)

「ひげ脱毛」は剣山の拷問!

 今日は映画検定を受験するために福岡まで行くことになっていたので、家を早めに出た。午前11時11分に博多には到着した。交通センター8階まではエスカレーターで簡単に行けたものの、9階のメンズTBCに行くには1階上がるための階段がなかなか見つからなかった。午前11時半に「ひげ脱毛」の1000円お試しコースを受けるためだ。HPには「9分」と書いてあったけど、説明があるので1時間半はかかると事前に言われたが、これは今日のお試しの後何回も来てほしいための勧誘だった。料金はビジターの場合1分で800円。10分で8000円かかるが、人によって脱毛時間はぜんぜん違うようだ。今日のはお試し9分のコースで全てを脱毛するわけではなかった。

 ベッドに横たわって眼鏡をはずさせられ、目隠しをされた。あごに何かクリームみたいなものを塗られた後、チク!チク!チク、チク、チク!ひげを一本一本抜いているそうだ。かなり痛い。ある程度覚悟していたけど、想像以上だ。剣山をあごに当てられているかのようだった。今回は9分間のお試しコース、結局70本ほどを抜いてくれたそうだ。だけど、まだたくさん残っている。抜いてもまた新たなひげが生えてくる。きれいに永久脱毛するためには何十時間もかかるし、お金も相当かかるみたい。私の場合は八代市に住んでいることもあり、何回も通えないのもわかってもらえたので勧誘は途中で挫折されたようだ。まあ、千円で毎日のひげそりの手間がなくなると思ったのが大間違いでしたね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009/05/29

「スタートレック」タイトルしか覚えていません。

185main_001

 平日なのに続けて2本目も見た。本日公開の「スタートレック」だ。監督は「クローバー・フィールド」のエイブラムスで前作は期待して見たけどがっかりの作品だった。今回も宇宙ものだから期待して見たが、これまた、私の期待とはかなり違っていた。

 スポックの名前は知っていたが、他の登場人物は全くわからない。ワープ途中の船に転送できるなんてことできるのかな?脚本がかなり都合よく書かれてあるように思えた。エリック・バナがまさかネロ役だったとは。ぜんぜんわかりませんでした。まあ、以前「ハルク」をやった俳優だから化け物の役でもこなせるんですね。未来から来たスポックですが、彼はオリジナルテレビで昔スポック役をしていたようです。私はSF好きですので見ましたが、今までたくさん見た映画のシーンを追い抜くことはできていないような。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ラスト・ブラッド」小雪が出なかったら見なかったね。

Lastblood_kari_main1815

 本日公開の「ラスト・ブラッド」。先週前売券を購入していたので、本日午後4時20分の回で鑑賞した。平日だから少ないとは思ったものの2人だった。いつもは上段より2つ目くらいに席を取るのだが、今日は真ん中あたりの段のほぼ真中で鑑賞した。すごく見やすかった。

 予告編から血がドバーって感じだったからそれなりに覚悟して見たつもりだったが、いろんなシーンでドキッって驚いていた。あれだけアクションしてもスカートの中が見えないのもすごいね。小雪が「オニゲン」とは思ってなかったが、優雅な悪役でしたね。サヤの少女時代は日本語を話しているのに、16歳のサヤは日本にいても何故か英語しか話していない。70年代の日本ってあんなだったのかな?日本であって日本ではないような感じだった。銀座のシーンはともかく、田舎の田んぼのシーンは「ラスト・サムライ」みたいにここは日本か?って疑問に思うような風景だった。私みたいな憶病者には不向きな映画だ。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2009/05/27

バナナダイエットは1日で挫折!

 今日からバナナダイエットを始めると昨日ここで書きましたが、1日で挫折してしまいました。今朝はバナナ3本と水で過ごしました。だけど、前日買ってきたバナナはもう痛んでいました。もう夏だからなのでしょうね。5本で179円だったのに。朝からバナナ3本ならカロリーはたいしたことないですが、毎日バナナを買いに行かないといけないなら結構高い朝食になりそうです。今まではシリアル朝食でこれも朝からは大したカロリーにはなっていませんでしたし、シリアルを買った方が圧倒的に安くつきます。

 それに昨日岡川病院で脳ドッグを受診したんですが、先生からもうこれ以上ダイエットはするな!と注意を受けました。すでに平均体重まで落ちているんだから、これ以上ダイエットをすると拒食症になるぞ!と脅かされてしまいました。ここ半年ばかり携帯についている「Karada Manager」というソフトに毎日のようにカロリーをつけていました。1日2000キロカロリー以内に抑えるために、これは食べてはいけない!あれも食べてはいけない!と自制してきました。つけていると自然と平均は1800キロ以内になりました。これを平均2000キロくらいになるようにしようかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

「サガン-悲しみよこんにちは-」オンライン試写会でまた当たった!

20090302004fl00004viewrsz150x

 昨日から始まったヤフーの「オンライン試写会」。今回の作品は「サガン-悲しみよこんにちは-」です。私はヤフーIDを4個持っていますが、昨日は4つともダメでしたが、今日は1発目のIDがヒットして本日の鑑賞となりました。この映画は6月6日(土)よりシネスイッチ銀座他で公開されますが、熊本での公開は決まっていません。配給がショーゲートだからなのでしょうか?

 「フランソワーズ・サガン」という名前と代表作が「悲しみよこんにちは」だということは大抵の人は知っていると思います。しかし、その代表作は18歳の女の子が書いた小説だったことやお金と名声でいろんな人たちがやってきては別れて行ったというお話は私は知りませんでした。何かこれを見ていると、つい最近判決が決まった小室哲哉を見ているような感覚に襲われましたね。お金持ちになるときはそのお金を持って良い人間にもなりたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/26

「MR.BRAIN脳トレパン」食べました!

Sh370001 Sh370002 Sh370003 Sh370004

 先週の土曜日の午後7時56分よりTBS系で放送が始まったキムタク主演の「MR.BRAIN」。本日、ファミマで「MR.BRAIN脳トレパン」なるものをゲットしましたので、さっそく食べてみました。ホイップクリームとチョコクリームだったかな?なかなか美味なパンでした。だけど、これってカロリーが369キロカロリーもあるんです。ウ~ン、このカロリーを見たら、次は食べられるかな?って思ってしまいました。

 ダイエットを始めて約1年。一応、64キロが55キロになりました。身長から判断すると、只今、ちょうど平均体重です。だけど、まだおへその下の肉は残っています。ここの肉がなくなるともっと体重は減ることになるのでしょうか?痩せたので首回りが細くなり、鎖骨とか出てきてきました。今までやったダイエットは近くは歩く。カロリー計算をしながら食べる。結構、気を使いました。それで明日から「朝バナナダイエット」をやってみようかと思います。1か月後どうなっているのか報告します。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009/05/22

「消されたヘッドライン」初日たったの3人!

333436view001

 今日やはり見てしまいました。「消されたヘッドライン」です。自分好みのサスペンスみたいなので、前売券を先週買っていました。見たのは午後6時35分開始の回。劇場はたったの3人でした。やはり平日の夜ですからね。

 主演は「金髪豚野郎」ぽいラッセル・クロウ。あの体型で敏腕新聞記者だそうで。お友達の国会議員の奥さんと不倫関係にあるそう。それをお友達は知っているようなのに何も追及しない。本当はここにすぐにピンとこないといけなかったのだ。この国会議員の秘書がある日死ぬ。その前日の夜にも別の殺人事件が発生。二つの事件はやがて繋がり、思いもかけない事件に発展していく。私は完全にこの展開にだまされた。サスペンス映画としてはかなり楽しめた。

 ラッセル・クロウの上司役のヘレン・ミレン。ご存じ「クィーン」でアカデミー賞受賞した女優さんだ。前作「ナショナル・トレジャー/リンカーン暗殺者の日記」のときはヘレン・ミレンだとすぐにわかったものの、この映画では別人のように見えた。こちらが本当のお顔なのですかね?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

「消されたヘッドライン」の原題は、「State of Play」

 本日公開の「消されたヘッドライン」。この映画の原題がタイムスケジュールに「State of Play」と載っていました。この言葉で検索をかけたところ、昨年NHKで放送された「ステート・オブ・プレイ 陰謀の構図」というものが出てきました。6回の連続ドラマであらすじを読むとほとんど同じです。違うのは、編集長が映画版では女性、ドラマ版では男性となっているところくらい。NHKは今年の正月に再放送したようですが、ぜんぜん知りませんでした。またこのドラマを再放送してほしいですね。せっかく、映画が公開されるのですから。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2009/05/19

私はもちろん字幕派です!




コネタマ参加中: 映画、あなたは字幕派? 吹き替え派?

 私はもちろん字幕派です!テレビでは吹替でもしかたありませんが、映画館で見るならやはり字幕で見たいです。家から一番近いTOHO宇城バリューではディズニー映画なんかは吹替版でしか上映されないことも多々なので、そういうときはシネプレックス熊本での鑑賞になります。なるべく吹替版では映画を見ないようにしていますが、熊本県では吹替版しかやらなかったことも多く、たとえば、「頭文字(イニシャル)D the Movie」と「カンフー・ダンク」は熊本県内では吹替版しかやりませんでしたのでしかたなく見ました。香港映画は熊本ではよく吹替版での上映になるので困ります。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009/05/16

「60歳のラブレター」は私でも見れる作品!R-40指定かな?

23801

 続けて見た「60歳のラブレター」。数年前に「ラスト・ラブ」というのがあったが見なかった。田村正和と伊東美咲ではいくら映画と言っても嘘っぽいと思ったからだ。だけど、中村雅俊と原田美枝子の夫婦はありえると思った。他に井上順と戸田惠子、イッセー尾形と綾戸智恵のカップルも本当ぼく見える。だから見てみたいと思った。

 ポスターでは3組のカップルが一同に会しているが、このシーンはポスター用で映画自体ではなかった。これが残念だった。映画の中でイッセー尾形がビートルズの「ミッシェル」を歌うシーンがあるが、この唄を聞きながら、中学生の時に文化祭で聞いた先輩が歌う「ミッシェル」を思い出した。このシーンでかなり皆がすすり泣いていた。この映画の原案は住友信託銀行の応募企画でその中の話を脚本家古沢良太がアレンジしたもの。3組3様の愛の模様を描いてあり、胸に込みあがるものがあった。若い人たちは見当たらない。中年ばかりが劇場にいたようだが、R-40指定のような作品だと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

「天使と悪魔」デジタル上映の違いがわかったのは2本目を見たとき!

20081107002fl00002viewrsz150x

 4月29日以来のシネプレックス熊本訪問。前回は一番前の席で鑑賞したが、今回はぜんぜん余裕があった。もうゴールデンウィークは終わってしまったのね。午後0時45分の回の「天使と悪魔」デジタル版を鑑賞。受付で「デジタル版の方が画面がきれいですよ」とか言われたものの、普通上映とどこが違うのかよくわからなかったが、この後、「60歳のラブレター」を鑑賞したときにその違いを実感した。画面に小さな傷がないのだ。昔「映画館で雨が降っていた」と表現されていたことがあったが、最近は上映が都会とほとんどが同時なためフィルムに傷自体がほとんど入っていないから気付かなかったのだ。

 トム・ハンクス扮するロバートは宗教象徴学者という変わった役。ゾラー扮するウィットリアはヒロインとしてはあまりお色気性がないな。予告編を見たときにユアン・マクレガーって悪役ではないかと思ったのに、見事に騙された。前作「ダビンチ・コード」のときより今回の「天使と悪魔」はサスペンス性が強くてなかなかハラハラドキドキのしどうしだった。事件は悲惨だけど、宗教的というよりローマの観光案内を兼ねているように思えた。娯楽作品としては一級品だね。今週のベスト1はこの作品というのは間違いないだろうと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/15

デジタル版「天使と悪魔」を見てみたい!

 本日から公開の「天使と悪魔」。ご存じ「ダビンチ・コード」の続編です。この映画は小川町のTOHO宇城バリューでもやっていますが、ふとシネプレックス熊本のタイムテーブルを見てみたら、通常の「天使と悪魔」字幕版の他に「天使と悪魔 デジタル版(字幕版)」というのもあったのです。これって「デジタルシネマ」のことでしょうか?熊本県での上映はシネプレックス熊本のみのようです。

 それに明日から公開の「60歳のラブレター」も見たいので前売券を2つともファミリーマートでゲットしています。明日午後3時半からの回に入って「天使と悪魔」の2本を続けて見ることにします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「第5回映画検定」の受験票が届きました!

 本日「第5回映画検定」の受験票が届きました。今年の試験会場も昨年同様「九州大学大橋キャンパス」。ただし、昨年は5号館だったのが今年は3号館になっています。 昨年3級に合格したので今年は2級のみの受験ですので、午後2時半に会場に行けば良いことになっています。

 当日は、以前からやってみたかったメンズTBCの「ひげ脱毛」のお試しを午前11時半から予約を入れました。脱毛自体は9分間ということでしたが、説明の時間も入れて1時間半をみているそうです。 熊本にはメンズTBCはないのでこの機会にやってみたかったのです。少しヒリヒリするみたいですが、何事も経験です。

 それにしても、今回も気になるのは映画検定の受験者数は一体どれくらいなのでしょうかね?発表も2回目までしかあってないですよね。1回目はテレビニュースにも取り上げられたから1万人弱あったものの、2回目は申込数も4000名ちょっと。2回目は福岡県でも小倉で開催され非常に苦労した感があります。雪が舞っていて自分は風邪を引いていましたから。3回目は九州大学箱崎キャンパス。大学の周りにコンビニが少なくて苦労しました。4回目は九州大学大橋キャンパス。ここは駅から近かったから非常に便利でした。今回もここで開催されるのはうれしいですね。今年も九州で開催されるから受験しましたが、今後福岡会場がなくなるともう受験することはないと思います。「映検割引」なるメリットもいまだに実現できていないですからね。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2009/05/09

スリーデーマーチ2009で10キロ歩く!

 昨日から始まった「九州国際スリーデーマーチ2009」。私は本日10キロコース(実際の距離は10.3キロ)に挑戦しました。前回5キロコース(実際の距離は4.2キロ)を歩いて楽勝だったので、今回も楽勝のつもりで参加したものの、10キロは5キロの2倍ではなく、疲れ方はその数倍にもなり、終わってから映画を見に行く元気もなくなりました。

 参加した人たちは歩くのを趣味にしている人が多かったようです。全国からかなり来ておられて北九州の清張ウォークの宣伝に来ておられた人に北九州フィルムコミッションの話をしたら、現在公開中の「おっぱいバレー」のロケ地マップガイドをくれました。北九州フィルムコミッションは全国のフィルムコミッションの先駆けみたいなところで、頑張っていますよね。HPを覗いて見ると、気合いが入っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/08

どうせ練習するなら「笑顔のまんま」かな?

リンク: ジョージア上出来人生劇場|全国カラオケコンテスト.
 Utadaの歌は難しすぎた。それに女性だしにね。BEGINの歌は「涙そうそう」を持ち唄にしていますので、「笑顔のまんま」も練習すればなんとかなるかな?シダックスに歌いに行きたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/07

「鈍獣」早起きは三文の得!

332668view001

 今朝は新聞休刊日だったけど、早く起きた。今日から「オンライン試写会」が始まるので午前5時半に起きてパソコンを立ち上げた。ヤフーIDを4つ持っているので、ひとつずつ応募してみたところ、二つ目のIDがヒット!浅野忠信主演の「鈍獣」を鑑賞した。この映画は熊本ではDenkikanで上映されるようですが、上映日時は未定。

 クドカン脚本なのからでしょうか?ユースケ・サンタマリアは前作「少年メリケンサック」でも宮崎あおいのおっぱいを触るシーンがありましたが、今回も真木よう子のおっぱいを触るシーンがあります。役得ですね。他の主要キャストの北村一輝・南野陽子・佐津川愛美もキャラが濃かったです。浅野忠信が死なない友達凸川をやっていたが、こういう役は意外だった。「キサラギ」とどちらがおもしろいかと言われると「キサラギ」だと答えるけど、この「鈍獣」もそこそこ面白かったね。タダで人より先に映画が見れたので、「早起きは三文の得」だね~って思いました。

 「鈍獣」は、5月16日(土)よりシネクイント他で上映が始まります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/04

「新宿インシデント」こんなジャッキーは嫌だ!

Shinjuku_main185

 本日3本目の鑑賞は「新宿インシデント」です。さすがに午後3時半頃には売場の混雑は解消していました。今日3本目にして本日初めてコーラを買いました。最近はダイエットのためにコーラはほとんど飲まなかったのですが、今日は何故か飲みたくなったのです。

 さて、「新宿インシデント」について。今までジャッキーの映画には笑いを取れるアクションシーンがたびたびありましたが、今回のジャッキーはカンフーの達人でもありません。ヌードもない決まりになっていたようですが、今回は完全に裏切られてしまいました。 「R-15」指定があったので、エロいシーンを期待していたのにありませんでした。腕切りのシーンとかがあるので、これで「R-15」になったのかな?峰岸徹さんもやくざの役で出演されています。これが遺作になったようですね。本日3本の中ではこの映画だけはいただけないな~!

 午後6時過ぎ、シネコンを出る。高速道路は上りは大渋滞でノロノロ運転していました。私は下りだったのでぜんぜん大丈夫でした。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

「GOEMON」

Mo6001

 「仮面ライダー超電王」が終って劇場を出てきたらチケット売場はまだすごい行列でした。「電王」のときに一緒にチケットを買っていて正解でしたね。夢タウンのフードコートへ行ってそばをかっくらってすぐに劇場に戻ってきました。今回も予告編の途中からの入場です。

 見た映画は「GOEMON」。この映画は小川のTOHO宇城バリューでもやっていましたが、「電王」と「新宿インシデント」は光の森でしか上映してないので、光の森で鑑賞しました。すごい映画ですね。時代劇のはずなのに誰もチョンマゲしていません。お城のデザインが何かへんです。過去のシーンでは色抜き、現代(と言っても石川五右衛門の時代の現代)でも極彩色という何とも変わった色どりの映画です。VFX使いまくりで映像美バッチリ!海外市場を狙っているみたい。光成役の要潤・玉鉄の又八はちょっと怖いです。何とも不思議な感じのする映画でした。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

「仮面ライダー超電王&ディケイド 鬼ヶ島の戦艦」今回は子供向け?

Neo_ma1

 まさかこんなに混んでいるとは!朝9時過ぎに家を出てTOHOシネマズ光の森に10時10分頃には着いたのですよ。ところが、今はゴールデン・ウィーク。劇場チケット売場は大渋滞。チケットを買うために50分も並んでいました。何とか、予告編の途中で入ることができたのですが、光の森の劇場はこんなに混むんだということをこれからは認識しないといけないな~!

 今回の「仮面ライダー超電王& ディケイド」ですが、テレビとリンクしているという話でしたが、そんなにリンクもしていないような。今回は佐藤健は出演せず、前作の子供良太郎が出ていました。時間のゆがみで19歳なのに10歳になったという設定です。ハナさんも物語上では20歳ですからね。沢木ルカちゃんが「ユウ」という役をやっていまして、今回は子役が大活躍。キバのときの次狼・ラモン・力の3人も出てきました。ジークも何故か登場。ディケイドもディエンドも出てくるものの、あくまでも主役は電王のようです。柳沢慎吾も悪役として登場。決め台詞の「あばよ!」を言ってくれます。子供たちは騒ぎもせずおとなしく見ていましたね。

 物語が終って、夏の仮面ライダーの予告がチラッと!何と今度は平成ライダーだけでなく、昭和のライダーも全員集合で出てくるそうです。悪役も「大ショッカー」です。かなり期待が持たれます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »