« 「天使と悪魔」デジタル上映の違いがわかったのは2本目を見たとき! | トップページ | 私はもちろん字幕派です! »

2009/05/16

「60歳のラブレター」は私でも見れる作品!R-40指定かな?

23801

 続けて見た「60歳のラブレター」。数年前に「ラスト・ラブ」というのがあったが見なかった。田村正和と伊東美咲ではいくら映画と言っても嘘っぽいと思ったからだ。だけど、中村雅俊と原田美枝子の夫婦はありえると思った。他に井上順と戸田惠子、イッセー尾形と綾戸智恵のカップルも本当ぼく見える。だから見てみたいと思った。

 ポスターでは3組のカップルが一同に会しているが、このシーンはポスター用で映画自体ではなかった。これが残念だった。映画の中でイッセー尾形がビートルズの「ミッシェル」を歌うシーンがあるが、この唄を聞きながら、中学生の時に文化祭で聞いた先輩が歌う「ミッシェル」を思い出した。このシーンでかなり皆がすすり泣いていた。この映画の原案は住友信託銀行の応募企画でその中の話を脚本家古沢良太がアレンジしたもの。3組3様の愛の模様を描いてあり、胸に込みあがるものがあった。若い人たちは見当たらない。中年ばかりが劇場にいたようだが、R-40指定のような作品だと思った。

|

« 「天使と悪魔」デジタル上映の違いがわかったのは2本目を見たとき! | トップページ | 私はもちろん字幕派です! »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「60歳のラブレター」は私でも見れる作品!R-40指定かな?:

» 60歳のラブレター [映画DVD・映画ブルーレイ「やわらか映画」]
60歳のラブレター (2009)今回の映画は、「60歳のラブレター」です。本作「60歳のラブレター」は、60歳の男女の人間模様を通じて熟年世代の生き方を描いた人間ドラマです。監督は「真木栗ノ穴」「非女子図鑑」の深川栄洋。大手建設会社の専務・孝平(中村雅俊)... [続きを読む]

受信: 2009/05/21 02:04

« 「天使と悪魔」デジタル上映の違いがわかったのは2本目を見たとき! | トップページ | 私はもちろん字幕派です! »