« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009/07/23

「実録・連合赤軍~あさま山荘への道程(みち)~」残り30分を見たい!

20080218002fl00002viewrsz150x.jpg 昨晩、WOWOWで録画していた「実録・連合赤軍~あさま山荘への道程(みち)~」を見た。昨日の午前3時半からあったので録画したのだった。しかし、昨日は午前4時に私も目がさめたくらい雨がすごかった。残り30分もないと思うが、突然映像が乱れて受信してなかった。

 あさま山荘事件は以前も映画になっており、だいたいわかっていた。この映画は連合赤軍がそのあさま山荘にこもるまでの過程を「総括」と称して仲間を粛清したところまでも描いていて見ていて気持ちが良いものではない。しかし、首謀者「森」と「永田」の二人が憎らしくなったから、彼らの演技はすごいのだろう。いよいよ最後の仲間があさま山荘に立てこもってしばらくしてから映像が来なくなった。だから、続きを見たくてゲオまでDVDを今日借りに行ったけど、ゲオにはもう置いてなかった。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009/07/18

「アマルフィ-女神の報酬-」

332676view002
 本日初日のアマルフィ-女神の報酬-をいつものTOHO宇城バリューで鑑賞しました。この映画も2時間を越えていて昨日見た「ハリー・ポッターと謎のプリンス」を続けて見るにはかなり時間が空きます。本日午後3時55分の回で劇場内は30人以上いたと思います。これならたぶんベストテン上位には入っているでしょう。

 冒頭、織田裕二と天海祐希がホテルで同じ部屋へ入っていきます。二人ともよそよそしくてとても夫婦には見えません。そして物語は前日の話になります。織田裕二扮する黒田が空港に着くシーン。その後ろに天海祐希が子供と二人。次に天海と織田が会ったときに誘拐事件が発生しています。誘拐事件の犯人がイタリア語で話すので外交官の黒田(織田)が電話を代わり、自分が娘の父親だと名乗る。それで同じホテルで同じ部屋に入っていくことになるわけです。

 パンフレットを読むと織田裕二扮する黒田は邦人をテロから守るために派遣された外交官ということになっています。この誘拐事件とテロがどこかに接点があると黒田は感じたのでしょうか?ポスターを見ると、織田裕二・天海祐希・佐藤浩市・戸田恵梨香が大きく映っています。戸田恵梨香の役どころがおいしいと思いました。原作:真保裕一・織田裕二主演ときたら、佐藤浩市の役どころはだいたい想像つくと思います。

 私の好きなサスペンスタッチでなかなかよかったです。イタリアへ行ってみたくなりますよ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009/07/17

「ハリー・ポッターと謎のプリンス」の字幕は戸田奈津子さんではなかった!

330764view001
 封切の15日だけで3億の興収があったという「ハリー・ポッターと謎のプリンス」を本日鑑賞しました。鑑賞したのはTOHOシネマズはません。熊本市内で講習を受けてそのまま劇場に入るのに一番近かったからです。午後5時40分からの回で10人ほどで見ました。

 タイトルは「ハリー・ポッターと謎のプリンス」となっていますが、字幕には「半純血のプリンス」となっています。
「半純血のプリンス」がトム・リドルだと思っていたら違っていました。

 あの頭のいいハーマイオニーがハリーではなくロンを選ぶとは思いませんでした。母性本能が働いたからなのでしょうか?今回のハリーのお相手はそのロンの妹のジニー。原作を読んでないのでよくわからないけど、最初ロンドンのある橋が壊れるシーンがあったのですが、あれは何?今まで字幕は戸田奈津子さんだったはずですが、今回は違う名前がラストに出てきました。今回重要登場人物が死亡しちゃうのですが、その場面で突然終わったという感じがしました。次回作のこともラストに宣伝していましたからね。あと2作あるようです。

 上映時間は2時間34分ですが退屈することなく見れます。今週末が3連休の方、おすすめです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/15

「セントアンナの奇跡」

333332view002
 本日は「ハリー・ポッターと謎のプリンス」の封切日。前売券はもうとっくにゲットしているので、本日見に行こうかと思っていたのだが、先週からあっていたおうちで上映会」、毎日4つのIDで応募していたら最終日の今日IDが当たってしまったのだ。本日の午後11時59分までに見終えないと駄目だったので、本日はハリー・ポッターではなく、セントアンナの奇跡」の鑑賞と相成った。

 こんなに長い映画だとは思わなかった。何と、2時間40分以上あった。映画が始まってすぐに黒人郵便局員が客をピストルで射殺する事件が起こる。ショッキングなのでつかみはOKなのだろうが、その後、第二次世界大戦中のイタリアが出てきて、戦争シーンがずっと続く。ここが途中で眠くなるのだ。「奇跡」のシーンはあった。だけど、最後まで見てもなぜ彼が客を射殺したのかはよくわからなかった。

 こんなよくわからない映画を見るべきではなかったな~。「ハリー・ポッター」へ行けば良かった。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009/07/12

「モンスターVSエイリアン」(吹替・3D)料金高いよ~!

333056view003
 昨日はあの雨だったから映画見に行くのを断念。本日、シネプレックス熊本へ「モンスターVSエイリアン(吹替・3D)」を見に行きました。本当は字幕版が良かったのですが、熊本では字幕版の上映はなし。それに3Dバージョンのは熊本ではシネプレックス熊本とワーナーマイカルシネマズ熊本クレアの2館のみ。ワーナーマイカルの方が我が家からは近いのですが、シネプレックス熊本のポイントカードを持っているのでシネプレックス熊本での鑑賞としました。

 事前に前売券をTOHO宇城バリューにて購入。通常料金は1800円。前売券は1300円。3Dバージョンの特別料金は2000円。3Dバージョンはいくらか追加料金が発生するのはわかっていたつもりですが、まさか、700円も追加料金を取られるとは思いませんでした。これじゃ前売券を購入した意味がない感じがします。前売券の半券と前売特典のボブストラップが手元に残ったくらいかな?シネプレックス熊本のHPにも具体的な料金の記述はありませんでした。注意書きとして「前売券を購入しても3Dの入場料は700円の追加料金が発生します」くらい書いてもらわないと不親切だと思います。

 さて、初めて見た3Dですが、すごかったです。最近は劇場の真ん中あたりの席を抑えているんですが、登場人物がすぐ目の前まで飛び出してきます。あと少しで私と当たるかのよう。ただ昔の3Dメガネ(赤・青)と違ってサングラスみたいのが今の3Dメガネで全体的に暗くなります。メガネをはずしていても画面が少しずれて見えるくらいではずしても見ることは可能だと感じました。

 物語は結婚式の日に隕石に当たって巨大化したスーザン。体は巨大化したのになぜ着ていた服が破れないのか?という疑問にはぜんぜん答えてくれません。ボブの声はバナナマンの日村君なのですが、昔なら大平透がやっているような声でしたね。大統領が宇宙人と最初に交信しようと「未知との遭遇」を弾くシーンには笑ってしまいました。悪役のエイリアンって見た目も「マーズ・アタック」の火星人みたいですよね。それも地球を侵略しようとする割にはあまりにバカ。これまた笑えます。映像の迫力はすごかったものの、料金が2000円も取られたので楽しさも半分かな?

 次に3Dバージョンを見るときは、絶対字幕版にしようと思った1日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009/07/10

「ノウイング」救いようのない話!

Knowing_main185
 本日初日のノウイング」。TOHO宇城バリューで午後6時半の回で見てきました。後ろを見なかったけど、10人くらいはいたのでしょうか?私はちょうど劇場のど真ん中あたりに座りました。私の前には一人しかいませんでした。

 1959年に埋めたタイムカプセルに奇妙な数字が書かれた紙があった。それを50年後に掘り起こしてニコラス・ケイジの息子がその手紙を手にする。その手紙の数字は世界中の事件や事故が起こった年月日と死亡者数が書かれたものだった。あと3つは過去ではなく未来のこと。これから起こる災難を何とか防ごうとニコラスはするものの手紙に書かれた場所月日死亡者数まで合致して災難は起こった。さて、地球は破滅するのか?防ぐ手立てはないのか?

 ここ数年のディザスター映画は何かよくわからないまま災難は収まってしまうのだが、今回は最悪の事態になる。このラストは予想はしなかったが、このラストで何か残るの?見終わって??ってなってしまいました。過去にいろんな映画を見た人にはこれじゃ納得できないと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009/07/05

『DANONE BODY-ism Calcium Works』飲みました!




コネタマ参加中: 『DANONE BODY-ism Calcium Works』モニターキャンペーンスタート

 そういえば、このキャンペーンにも応募していて当選したと1日(水)に『DANONE BODY-ism Calcium Works』2本が到着していました。1日はそんなに暑くもなかったのに1本目を飲んでみました。私は、新しいものって大好きなのです。これはまだ全国発売されていないし、八代市で飲んだのは私以外にいるのかわかりませんが、レモン風味はわかりますが、あまり暑くない日に飲んだからかそんなにおいしいとは思いませんでした。2日はお風呂上がりにいただきました。この日は「うまい!」って思いましたね。2本くらいじゃあまりよくわかりませんが、暑い日中とかお風呂上がりとかに飲むのはうまいかな?って思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「サンシャイン・クリーニング」当選したので見ました!

332814view001
 そういえば、昨日この映画「サンシャイン・クリーニング」も当選しました。「おうちで上映会」は毎回応募していて、「サガン-悲しみよこんにちは-」には当選したものの、「ディア・ドクター」「蟹工船」と駄目でやっと今回当選しました。ずっと応募を続けているといずれは当選するものですね。

 さてタイトルの「サンシャイン・クリーニング」とは姉妹で始めた事件現場清掃会社の名前です。事件現場なのですごい状態です。それを清掃するから結構いい報酬をもらえるわけです。姉は高校生のときはチアリーダーで目立っていたけど、今はシングルマザー。妹はすぐに逆切れするのでどこでもすぐクビになるといういつものパターン。まあ、だいたい想像できる展開でしたね。この映画は7月11日(土)より公開されますが、熊本ではDenkikanでの上映は決まっているけど上映日は不明という状態です。いわゆるミニシアター系の映画のようです。Denkikanは駐車場代が別にかかるのでほとんど見に行かないですね。「おうちで上映会」は7月8日(水)までやっていますので、根気よく応募してみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「MW-ムウ-」

 「ウィッチマウンテン」に続いてMW-ムウ-もTOHOシネマズはませんで見ました。火曜日のドラマ版も見て感想を書いてアップしようとしましたが、何故かアップできませんでした。ココログの仕様が変わったのですかね?

 ドラマ版から出ているのは、林泰文と玉木宏の二人だけ?ドラマを見ていなくてもぜんぜん問題なしの展開ですね。手塚治虫の原作だけど、私はこの原作を知りません。レンタルコミックも置いてありませんでした。タイロケとかずいぶんとすごい展開ですけど、他の映画でも言えますが、これだけのことをたった一人の犯人でできることとは私には到底思えません。映画だと思って割り切ればいいのですけどね。玉木宏は映画の中ではかなりいろいろ扮装しています。こんなにスタイリッシュな悪役はあまりいないのではないでしょうか!劇場は玉木ファンの女性たちがウジャウジャいました。この映画は宇城バリューでもやっていますので、今週のベスト10上位入賞は間違いないでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

「ウィッチマウンテン-地図から消された山-」

20090518004fl00004viewrsz150x
 「ウィッチマウンテン-地図から消された山-」を昨日TOHOシネマズはませんで見てきました。熊本県ではTOHOシネマズはませんとシネプレックス熊本でしか上映されていません。はませんでの入場者数は6人だったかな?上映館が少ないから果たして今週のベストテンに入るのか心配です。

 内容はSF。「空飛ぶ円盤」「エリア51」「ミステリーサークル」が最初ニュース報道で語られます。タクシー運転手のブルーノが主役。このおじさんはスコーピオン・キングを演じた人ですよね。この人のタクシーに二人の子供が乗ることで物語が進みます。この子供二人は何故か大金を持っていて長距離を頼むです。この子供の女の子の方は見覚えがあります。「テラビシアにかける橋」に出てた子ですよね。今回は宇宙人の役です。政府はこの宇宙人たちを捕獲しようとあの手この手で攻めてきます。また宇宙人の敵もいて、これまた攻めてきます。SF好きな人には見ごたえあるでしょう。しかし、何故かこの映画は「未知との遭遇」を越えていないように思えます。

 パンフレットによると、本作は75年の「星の国から来た仲間」という映画のリメイクだそうです。そんな作品があったことも私は知りませんでした。現代版になっているのでどれくらい違うのかは私は以前の物を見ていないのでわかりません。興味ある人はリメイク前の作品もご鑑賞ください。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »