« 「キャピタリズム~マネーは踊る」眠たかった! | トップページ | 「ゴールデンスランバー」たいへんよくできました! »

2010/01/16

「今度は愛妻家」ラストはもっとひねってあると思っていた!

 本日初日の「今度は愛妻家」。ご存じ熊本出身の行定監督作品だ。監督は毎月1回FMKでラジオをやっているが、先月と今月はこの「今度は愛妻家」の話をされていた。私は監督で映画を観るかどうかを決めていないが、映画検定を受験するようになってから、その作品の監督は誰かを気にするようになった。月一の行定監督の番組は監督の考え方がよくわかる良い番組だ。

 番組でのこの映画の感想はもちろん行定監督のファンということもあり悪く言う人はいない。そんなに評判がいいなら私が見てやろうと思って本日宇城バリューに見に行った。薬師丸ひろ子がかわいかった。トヨエツがぐーたら亭主をしていて、これは前にもあったような感じを受けた。濱田岳君も気弱な好青年役というのは以前もしたから驚きもなかった。水川あさみの気の強い女というのは意外に感じた。それにもまして意外な役なのは、「オカマの文ちゃん」役の石橋連司。気持ち悪さがよく出ていた。何でこの人がトヨエツの家に出入りしているの?って考えていたら、私の予想はどんぴしゃり。ラストは私の予想通りだったので、そんなに驚かなかった。観客は確かに年齢層が高いように感じた。私も少し泣いたが、前の席の観客はずっと鼻をズルズルしていた。私としては笑いが多いと思った。

 この映画の後に来月また行定監督作品が公開される。2月20日(土)公開の「パレード」だ。配給会社がショーゲートなので、熊本ではTOHOシネマズはませんのみの上映だ。「今度は愛妻家」は東映なので、熊本県下の5つ全部のシネコンでかかるから今週のベストテンに顔を出すが、「パレード」は公開初週ベストテンは無理だろう。

|

« 「キャピタリズム~マネーは踊る」眠たかった! | トップページ | 「ゴールデンスランバー」たいへんよくできました! »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「今度は愛妻家」ラストはもっとひねってあると思っていた!:

» 「今度は愛妻家」大切な人にありがとうと言いたくなる [soramove]
「今度は愛妻家」★★★★ 豊川悦司、薬師丸ひろ子主演 行定勲監督、131分 、 2010年1月16日公開、2009年                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「北見俊介(豊川悦司)はかつては売れっ子のカメラマン、 今は仕事もせずいわばプータロー生活。 クリスマス直前のある日、俊介は妻のさくら(薬師丸ひろ子)に せがまれて沖縄へと2人で出かける。 しかし、その日を境にさくらと俊介に微... [続きを読む]

受信: 2010/01/28 07:57

« 「キャピタリズム~マネーは踊る」眠たかった! | トップページ | 「ゴールデンスランバー」たいへんよくできました! »