« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010/10/30

「SP野望編」アクションだらけ!

 今日封切の「SP野望編」をいつものTOHOシネマズ宇城バリューで見ました。午後2時25分の回。本日封切のためそこそこ入っていました。

 ドラマは見ていませんが、インターネットで総集編は見ていたので、登場人物がどういう人間かは知っていましたが、フジテレビでやっていたのですね。最初のシーンは六本木ヒルズでロケしていたのでてっきりテレビ朝日系列だと思っていました。アクションにつぐアクションであっという間に終わりました。二部作なのでやや尻切れトンボの感じはありますね。次回作も見たいです。上映時間98分って短いです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010/10/24

「インシテミル 7日間のデス・ゲーム」予測できたところとできなかったところ!

 TOHOシネマズ宇城バリューで「インシテミル~7日間のデス・ゲーム」を無料で鑑賞。16日公開だったが、「桜田門外ノ変」と「エクスペンダブルズ」は前売券を購入していたが、「インシテミル」はどうしようか?と悩んでいたが、ポイントが19ポイントもたまっていたので、本日無料で鑑賞したのだった。2週目だけど、結構入っていた。

 時給11万2千円というえらく半端なバイト代。高額のバイト代に釣られて集まった10人。私は治験のバイトをやったが、あのとき応募者は40人くらいいたそうだ。それで途中の検査で12人に絞られた。この映画では10人を選考した方法は描かれていない。2台のリムジンに10人が乗っているところから始まる。主人公藤原竜也は綾瀬はるかにコンビニで時給11万2千円のバイトを教えられ応募してくる。この10人はある館に閉じ込められ7日間は外出ができないところは治験に似ているな!と思った。7日間でだんだん人が死んでいく。2人が最期に残るみたいなので、その二人はたぶん藤原竜也と綾瀬はるかと想像できる。だけど、もう一人生き残った。それは誰か?これは想像できなかった。「リング」の監督だからもっと怖い映画かと思ったが、それほど怖くなかった。だけど、今週見た「桜田門外ノ変」「エクスペンダブルズ」の2本よりこの映画の方がおもしろいと思った。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2010/10/22

「エクスペンダブルズ」やはり、シュワちゃんはカメオ出演だった!

 前売券は以前に購入していた。今日は小川町まで来てしまったので、そのまま午後4時55分の回でシルベスター・スタローン主演の「エクスペンダブルズ」をTOHOシネマズ宇城バリューで見てしまった。平日のため少なかった。劇場では私以外にもう一人だけいた。

 スタローン以外にもジェット・リー、ジェイソン・ステイサム、ミッキー・ロークやブルース・ウィリス、アーノルド・シュワルツネッガーが出ているとなればすごいアクション映画になるというのは容易に想像できる。ただ、シュワちゃんはまだ現役の州知事だからカメオ出演だろうな~?って思っていたけど、ブルース・ウィリスもカメオ出演だった。屈強なメンバーが立ち並ぶポスターにはブルース・ウィリスは写っているのにね。シュワちゃんはこのポスターには出ていない。

 ただ、この傭兵軍団って皆結構年食っている。一番若いジェイソン・スティサムでも38歳だ。ジェット・リーってあの中では確かに小さいね。他の人たちがでかすぎるからだが。それに皆元気すぎる。この映画の前に予告編で「RED」というのを見た。これまたもっと年齢が上の人たちがアクションする。年寄りがまだまだ元気なんだね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010/10/18

「桜田門外ノ変」貸切だった!

 16日公開の「桜田門外ノ変」を本日TOHOシネマズ宇城バリューで午後6時25分の回を見ました。HPには「大ヒット公開中!」となっていますが、私は一人で見ました。貸切でした。岡田監督がポスターに載っている「ザ・サムライシネマ」の1本なので事前に前売券を購入していました。この前売特典は豪華解説本。ほとんどパンフみたいなものなので、わざわざパンフを買うのを今回はやめました。

 さて映画ですが、原作本は読んでいません。桜田門外の変というのは桜田門のそばで時の大老井伊直弼が暗殺されるというくらいしか知っていませんでした。桜田門というのは国会議事堂に結構近いんですね。現代の桜田門と国会議事堂が最初出てきたときにちょっとびっくりしました。井伊大老の暗殺シーンの桜田門はやはりオープンセットだったようです。物語は大老暗殺シーンが最後にあるんではなくて、そのときの首謀者たちが逃げてやがて捕まるまでを描きます。だからあまりおもしろいと思うシーンはありませんでした。時間軸が行ったり来たりしてわかりにくかったです。これなら、「十三人の刺客」の方が何倍もおもしろかったですね。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2010/10/17

花火競技大会を見たので映画を土日は見なかったよ!

 昨日は八代市で唯一大渋滞が起きる日。「第23回全国花火競技大会」があった。私は10数年ぶりに会場まで出かけた。今年は和歌山からSおばさんが引っ越してきたし、母もTおばさんも会場で見たことないとのことで今回は有料席を1カ月前から5枚買っていた。

 会場周辺は午後2時からもう通行止め。私たち5人は午後4時半くらいより八代駅付近から歩いた。球磨川の橋は何回かウォークラリーで歩いたことがあるのだが、800メートルもあることを忘れていた。会場周辺はいたるところ通行止めになっていたので、道路にブルーシートを敷いた人たちだらけ。河川敷の駐車場にはキャンピングカーが陳列されているかのように並んでいた。会場に入るまでかなり歩いた。行くときもそこそこ人が行き来していたけど、有料席の入口がわからずにウロウロ。そのうちに和歌山から来たSおばさんが迷子になって探しに行くというハプニング発生。何とか、見つけることができた。本部席のマイクで「NSさん(77歳)が迷子になっております。」と呼んでもらわなくてよかった。

 有料席の入口には係員が立っていて、チケット半券と引き換えにパンフとLEDの懐中電灯をくれた。席は普通の階段席なのだが、我々は座布団を持って行っていたのでよかった。無料の側にはキャンピングテントが貼られていた。3日前からという噂は本当みたい。普通のイベントのときは男子トイレと女子トイレは別々に設置してあるが、今回のは一緒。それに無料の席側のトイレは2つしかないけど、それに並んでいる人は有料席側の2倍以上。有料席側のトイレは7つくらい用意されていたし、無料席側の半分くらいしか列がないのですぐに入れる。だから、有料席側の縄をまたいで有料席側のトイレに侵入してくる者が続発。

 午後6時半。いよいよ花火競技大会が始まった。暗くなったので少し寒さを感じたが、母がホカロンを持ってきていたので背中に貼ったのでなんとかしのげた。花火は間近で見たのですごかった。iPhoneで動画撮影したのだが、やはり肉眼の方が何倍も迫力ある。あっという間の2時間だった。行きはバラバラで来たけど帰りは一度に帰るので、我々5人ははぐれないように服の端をにぎって歩いた。橋を渡って日本製紙の入口近くにおばさんたちを置いて、私は2キロほど離れた車の駐車場まで走っていって迎えに来るということをやったので、かなり汗をかいた。

 翌日つまり今日、以前も花火競技大会を見たことあるおばさんは我が家に泊まったので、私は今日は映画に行けなかった。そのおばさんは午後3時の列車で帰ったので、駅へ送迎した。私はその後、いつもの777段の石段登りを2往復した。夕方近くになったので秋風が冷たい。確実に冬は近づいていると感じた。夏はあんなに暑かったね。

 「桜田門外の変」と「エクスペンダブルズ」の前売券は購入済みなので、今週中に見るかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/12

『怪盗グルーの月泥棒3D』 また試写会が当たった!

 今度はシネコンの試写会が当たったので見に行った。そのタイトルは「怪盗グルーの月泥棒3D」だ。鶴瓶さんがグルーの吹替えをした奴だ。映画が映画だけに子供だらけ。TOHOシネマズ宇城バリューで見たのだが、今日は試写会のため、また3Dメガネをもらってしまった。前回の3Dの「海猿」のときは知り合いからメガネを借りてきていたのだが、今度返しておくとしよう。

 予告編では3Dでなかったのでそんなに驚かなかったが、劇場のちょうどど真ん中で3Dメガネをかけて見たから、それはそれは大迫力。予告編でも見られるジェットコースターのシーンは3Dで見るとすごいことになってしまった。ミニオンというへんな生き物はバナナから作ったのだそうだ。目が一つだったり二つだったり。子供と大人のファンタジーといった感じかな?子供たちもよく笑っていた。私も面白いと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/07

「国家代表!?」オンライン試写会当選す!

 今日から始まったGYAOのオンライン試写会。いつもは300名なのに、今回のは1000名当選と書いてあったので期待して応募してみた。ヤフーIDを6つ持っているけど、3つ目のIDがヒットした。

 見た映画は「国家代表!?」。韓国映画だ。10月23日(土)より全国ロードショー。しかし、九州では福岡と沖縄でしか上映予定なし。スキージャンプの未経験者が韓国スキージャンプの国家代表になるという話。ほぼ実話となっていた。98年の長野五輪であわやの活躍。その後、この素人同然のチームが韓国代表に本当になってゆくそうである。コメディかと思っていたら、スポ根物みたいで意外と面白かった。10月13日(水)までオンライン試写会の抽選はやっているので、興味持った人は応募してみたら?1000名当選なので、意外と当たるかも?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010/10/01

「大奥」女子高生たちと見てしまった!

 今日はファーストデーで誰でもどの作品でも千円で鑑賞できる。私はVitで予約してみたら、他のTOHOシネマズとは違ってチケット以外に領収書とか4枚も出てきた。今日鑑賞したのは、TOHOシネマズ宇城バリューで「大奥」を見た。ロビーでも女子高生が多いな~って思っていたら、その女子高生は「大奥」を見に来ていた。主演の二宮君を見に来たようだ。今日から無料配布の「TOHOシネマズマガジン10月号」の表紙も二宮君なので誰も捨てないそうだ。初日とはいえ、午後5時40分の回にこんなに女子ばかり入っているとは思わなかった。

 以前、仲間由紀恵主演でも「大奥」というのがあったが、あれと違って徳川吉宗も大岡忠相も女で男女が逆転の設定というのも斬新だったが、男ばかりが大奥にいて、ドロドロの話がなかなかおもしろかった。イケメンだらけだったので、仮面ライダー俳優が多数出ていると思いきや、竹財君のみ。しかもほとんど劇中では目立たず。二宮君のお父さん役の人が竹脇無我というのはエンドロールでやっとわかった。女子高生だらけの中で見たのもへんな気分だったが、映画自体としては筋もしっかりしていて良かった。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »