« 「運命のボタン」DVD鑑賞! | トップページ | 「仮面ライダードラゴンナイト8」は思いっきり展開が変わった! »

2011/01/07

「アンストッパブル」初日にしてはまあまあ入っていた!

 「アンストッパブル」をいつものTOHOシネマズ宇城バリューで見た。今年劇場で見た最初の映画だ。金曜日の午後6時台の初日はいつもは10人もいないけど、今日はそこそこ入っていた。やはり、こういうパニック物って皆好きだね。

 実話が元ネタとしても映画は元々作りものだ。暴走列車を2人の勇敢な男が止める。ベンゼル・ワシントンとクリス・パインの2人が超人ではないのに超人的な役割をする。どんなにハラハラしても最後はちゃんと仕事をする。そういう「お約束」の元に話は進行する。それがわかっていていかにハラハラしながらも「よくやってくれた!」と観客が喜ぶような演出が求められる。このシーンは前に見たな!とか言われたら駄目なのだ。その点では後から作る映画は相当難しいのだろう。

 観た感想としてはやはり昔のパニック映画を超えていないということ。もっと演出がすごかったらね。おしい気がする。

|

« 「運命のボタン」DVD鑑賞! | トップページ | 「仮面ライダードラゴンナイト8」は思いっきり展開が変わった! »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「アンストッパブル」初日にしてはまあまあ入っていた!:

» アンストッパブル [LOVE Cinemas 調布]
危険な薬物を大量に積んだ貨物列車が、人為的ミスによって暴走を始める。大惨事を防ぐためにベテラン機関士と新米車掌のコンビが大奮闘する姿を描いたパニックアクションムービーだ。『サブウェイ123 激突』でもコンビを組んだトニー・スコット監督とデンゼル・ワシントンに加え、今回は『スター・トレック』のクリス・パインが出演。暴走機関車の重厚な迫力に圧倒される。... [続きを読む]

受信: 2011/01/08 00:52

« 「運命のボタン」DVD鑑賞! | トップページ | 「仮面ライダードラゴンナイト8」は思いっきり展開が変わった! »