« 「八日目の蝉」すすり泣きの声が聞こえた! | トップページ | 「ブラック・スワン」実質305円の鑑賞代! »

2011/05/04

「それでも花はさいていく」三者三様の変態劇!

 先週の木曜日から開催されていたオンライン試写会。私は6つのIDを使って毎日応募していたけど当たらなかった。が、本日6つ目のIDがヒットしたので見た。前田健監督脚本の「それでも花はさいていく」だ。5月7日(土)より公開されるが、たぶん熊本での上映はないと思う。仮にあったとしてもお金を出してまで見たい映画ではなかった。

 前田健は今回脚本と監督だけしてチラッとも画面に出てくることはない。ロリコン・女性の住居に侵入する・マザコンの3つの変態話の映画だ。3つのパートには必ず花の名前が出てくる。「エーデルワイス」「ヒヤシンス」「パンジー」だ。3つの話にはぜんぜん接点がない。「ヒアアフター」のように3つの話が同時進行して最期に3人が会う話を期待したが、最期まで話が交わることはなかった。3つの話の主人公が別の花をほめるか見つめるかしてほしかった。

|

« 「八日目の蝉」すすり泣きの声が聞こえた! | トップページ | 「ブラック・スワン」実質305円の鑑賞代! »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「それでも花はさいていく」三者三様の変態劇!:

« 「八日目の蝉」すすり泣きの声が聞こえた! | トップページ | 「ブラック・スワン」実質305円の鑑賞代! »