« 「ブッダ~赤い砂漠よ!美しく~」砂漠のシーンはなかった! | トップページ | 「マイ・バック・ページ」 »

2011/05/28

「プリンセス トヨトミ」滑稽な話で着いていけない!

 小雨の中、TOHOシネマズ光の森へ。見た映画は「プリンセス トヨトミ」。大阪が全停止した時に綾瀬はるかが走り回るのだが、その時彼女の胸が揺れる、揺れる。綾瀬はるかは会計検査院の職員で、大阪の「財団法人ОJО」を検査しに行く話。原作は「鴨川ホルモー」の万城目学なので、設定が奇想天外。大阪は明治政府に「大阪国」として認められているという。会計検査院の副長の松平と大阪国総理大臣真田幸一。昼間はお好み焼き屋のおやじというのが驚き。おもしろかったけど、ラスト近くの富士山の十字架は何の意味があるのかな?

|

« 「ブッダ~赤い砂漠よ!美しく~」砂漠のシーンはなかった! | トップページ | 「マイ・バック・ページ」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「プリンセス トヨトミ」滑稽な話で着いていけない!:

» プリンセス トヨトミ [LOVE Cinemas 調布]
「鴨川ホルモー」で知られる人気作家・万城目学の同名小説を映画化。会計検査院による調査で大阪人が400年もの間守ってきた秘密が明らかになり、大阪中を巻き込んだ大騒動が巻き起こるという歴史SF物語だ。メインキャストの3人を堤真一、綾瀬はるか、岡田将生が務める。共演に中井貴一、和久井映見、笹野高史といったベテラン実力派が揃う。監督は『HERO』の鈴木雅之。... [続きを読む]

受信: 2011/05/30 00:59

« 「ブッダ~赤い砂漠よ!美しく~」砂漠のシーンはなかった! | トップページ | 「マイ・バック・ページ」 »