« 「テルマエ・ロマエ」日本人が演じても違和感はないね。 | トップページ | 「HOME愛しの座敷わらし」ほのぼのした良い映画でした。 »

2012/04/29

「ブラック&ホワイト」派手だけど何も残らない映画!

 この映画は一度帰宅して夕食を済ませてからまたTOHOシネマズ宇城に出掛けた。先週から始まった「ブラック&ホワイト」だ。これもムビチケを購入していたのだ。購入するときに私以外にカップルらしい人たちがいることは画面を見て知っていたが、まさか私とほとんど同じ時間にチケット購入に来るとは思わなかった。2週目にして吹替版・字幕版1日に1回ずつしかなくなっていたので来週はどうなるのか?

 この映画は1人の女に親友同士が奪い合う三角関係の映画だとは知っていた。男たちは現役のCIAだから、相手を監視するのはお手のもの。まあ、そんなふうに奪い合うくらいの魅力ある女性がどんな人かというとLAまで恋人を追ってきてふられてしまい、それがトラウマになっている女。それを応援する女友達。キャラ立ちがしないといけないのだがかわいいだけではうまくいかない。私には大の男二人が奪い合う価値がある女に見えなかった。だから、見てしまってもそんなに良い映画だとは思えなかった。

|

« 「テルマエ・ロマエ」日本人が演じても違和感はないね。 | トップページ | 「HOME愛しの座敷わらし」ほのぼのした良い映画でした。 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23751/54589857

この記事へのトラックバック一覧です: 「ブラック&ホワイト」派手だけど何も残らない映画!:

« 「テルマエ・ロマエ」日本人が演じても違和感はないね。 | トップページ | 「HOME愛しの座敷わらし」ほのぼのした良い映画でした。 »