« 「スーパー・チューズデー ~正義を売った日~」 | トップページ | 残り570マイル! »

2012/06/12

「愛と誠」まるでインド映画みたい!

 TKUの試写会に応募したので当選した。シネプレックス熊本で見た映画は「愛と誠」。私が高校生の時に流行った漫画が原作。舞台が1972年となっていたので、ちょうど私が高校2年生のときだ。原作の漫画も当時ほとんど立ち読みで読んだ。

 映画では冒頭から乱闘シーンがあり、そこで突然歌い出し踊るシーンになったのは驚いた。まるでインド映画のようだった。そのとき歌った曲は一番最初に映画化されたときに太賀誠を演じた西条秀樹の曲だ。予告編にも出てくる曲だ。他にも懐かしい曲がたくさんかかるが、一青 窈が早乙女愛の母親の役で出ていてそのとき歌った曲は知らない。ほぼ原作のとおりに話は進むが、一つだけ残念なのは、早乙女愛がスカートのまま逆立ちするシーンが映画にはなかったところだ。ガム子のパンツは見えるのに。結構、皆さんクスクス笑っていた。

|

« 「スーパー・チューズデー ~正義を売った日~」 | トップページ | 残り570マイル! »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23751/54945905

この記事へのトラックバック一覧です: 「愛と誠」まるでインド映画みたい!:

» 愛と誠 [LOVE Cinemas 調布]
梶原一騎原作、ながやす巧作画の同盟漫画を映画化。両家のお嬢様と不良の青年の数奇な運命と恋を描いている。主演は『悪人』の妻夫木聡と武井咲。共演に斎藤工、加藤清史郎、余貴美子、市村正親らが出演している。監督は『一命』などヒット作多数の三池崇史。音楽・小林武史、振付・パパイヤ鈴木が担当するミュージカルシーンにも注目だ。... [続きを読む]

受信: 2012/06/12 23:10

« 「スーパー・チューズデー ~正義を売った日~」 | トップページ | 残り570マイル! »