« 「ラ・ワン」インド映画はぶっ飛んでいるね。 | トップページ | 「崖っぷちの男」本人はかなり打算的! »

2012/07/01

「ラム・ダイアリー」自動券売機の使い心地は普通!

 本日はファーストデーで全作品を千円で見れる。先週先行で「アメイジング・スパイダーマン」を見たときに、「はませんは自動券売機を導入したので、使い心地を教えて。」と窓口のお姉さんに言われたので、宇城では上映されていない「ラム・ダイアリー」をTOHOシネマズはませんまで来て見た。昨日、パソコンから券の予約をしてから行ったから自動券売機の操作は簡単だった。ただ、まだ完全に自動券売機だけになったわけではなく、一人はまだ従業員が発券していた。一人は券売機の操作の説明をしていた。その様子を見ていて、銀行が自動振込機を導入した時の感じに見えた。ちなみに、以前のVit機2台も別の場所に移してあって使えた。私は後から気付いた。Vit機はムビチケは使えない。

 さて、映画「ラム・ダイアリー」だが、ジョニー・ディップが素顔で出ているので、予告編を見ただけでは今一つと思っていたが、まあまあ面白かった。舞台はプエルトルコ。アメリカ領なのにスペイン統治時代があるので、ラテン系な感じだ。「R-15+」指定を受けているので、もっとエッチかと思ったけど、たいしたことなかった。アーロン・エッカートが悪役だけど、この人は「サンキュー・スモーキング」で知った人。最近は悪役ばかりだね。ヒロインのアンバー・ハードはぜんぜん知らないけど、ちょっとスカレーット・ヨハンソンに似ているね。あっ、そうそう。主人公ケンプがアパートに引っ越してくるときに「テレビ付」と聞いていたがどこにテレビがあるか?って質問したら、隣の家のテレビを双眼鏡で覗くというシーンには笑った。

|

« 「ラ・ワン」インド映画はぶっ飛んでいるね。 | トップページ | 「崖っぷちの男」本人はかなり打算的! »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23751/55094972

この記事へのトラックバック一覧です: 「ラム・ダイアリー」自動券売機の使い心地は普通!:

» ラム・ダイアリー/The Rum Diary [LOVE Cinemas 調布]
主演のジョニー・デップの親友にして異端のジャーナリスト、ハンター・S・トンプソンの同名小説をそのジョニーが製作・主演で映画化。プエルトリコでの破天荒な毎日を描いた文字通りダイアリーだ。共演にアーロン・エッカート、アンバー・ハード、リチャード・ジェンキンスらが出演。監督・脚本は『キリング・フィールド』の脚本を担当したブルース・ロビンソン。... [続きを読む]

受信: 2012/07/01 17:57

» 映画「ラム・ダイアリー」ある破天荒なジャーナリストを描く [soramove]
「ラム・ダイアリー」★★ ジョニー・デップ、アーロン・エッカート、 アンバー・ハード、マイケル・リスポリ、 リチャード・ジェンキンス出演 ブルース・ロビンソン監督、 120分、2012年6月30日公開 2011,ショウゲート (原題/原作:The Rum Diary ) 人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい← 「ジョニー・デップ主演作... [続きを読む]

受信: 2012/07/16 10:33

« 「ラ・ワン」インド映画はぶっ飛んでいるね。 | トップページ | 「崖っぷちの男」本人はかなり打算的! »