« 「終の信託」PG-12指定は避けるべきでは? | トップページ | 「北のカナリアたち」ラストは泣けた! »

2012/11/01

「リンカーン/秘密の書」バンパイア・ハンター?

 本日初日の「リンカーン/秘密の書」をいつものTOHOシネマズ宇城で見た。本日はファーストデーのため、千円で見れるが、私の場合、「楽天あんしん支払サービス」というのがあって、楽天スーパーボイントをその代金に充当できるのだ。よって、実質タダになった。
 さて、映画は午後5時35分の回を鑑賞。少なかった。3人か4人の鑑賞となった。リンカーンがバンバイア・ハンターだったなんて、まあ、突拍子もない話だ。リンカーンの母が若くして亡くなった話は本当なのだが、その死がバンパイアのせいというのがこの映画のミソ。リンカーン役のベンジャミン・ウォーカーはぜんぜん知らないが、年老いたリンカーンの顔はよく作ってあるな~って感心した。ヘンリー役のドミニク・クーパーは目がギラギラしていて、かっこよかった。映画の話は1800年前半の話と思っていたら、ラストに現代が現れ、ヘンリーはそのままの姿で登場。隣の深酒した男にヘンリーは声をかける。その男は銃を持っていて、突然、床に落としてしまう。現代にもバンパイア・ハンターはいるんだ!というメッセージを残したいのだろうか?

|

« 「終の信託」PG-12指定は避けるべきでは? | トップページ | 「北のカナリアたち」ラストは泣けた! »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23751/56021694

この記事へのトラックバック一覧です: 「リンカーン/秘密の書」バンパイア・ハンター?:

« 「終の信託」PG-12指定は避けるべきでは? | トップページ | 「北のカナリアたち」ラストは泣けた! »